【世界の街角から】

パリ市内と周辺を一望に見渡せる
モンパルナス・タワー Tour Montparnasse


〈 リポート・いろもとのりこ 〉

先週号ではパリの地下にもぐり、下水道博物館をご紹介したが、今週は一転して空中へ舞い上がり、パリ中心地で一番高いビル、モンパルナス・タワー(Tour Montparnasse)を訪れてみよう。パリで高い建築物といえば世界中で知らない人はいないくらい有名なエッフェル塔(高さ324メートル)である。モンパルナス・タワーはそれには及ばないが、59階210メートルと、現在のところフランスで最も高いビルとなっている。


▲パリの歴史的建物が並ぶ通りに突然姿を現すモンパルナス・タワー


▲モンパルナス・タワーの展望台テラスから見えるエッフェル塔。手前はエコルミリテール(士官学校)、左すぐ手前はユネスコ本部。遠くに副都心ラ・デファンスのビル群が見える

このタワービル、モンパルナス駅のすぐ南にあるのだが、近くの通りから見ると「突然ですが・・・」という感じで度肝を抜かれる。周囲の歴史的建築物の中でひときわ目立つというか、これほどそぐわない建物もめずらしい。トロントでは50階や60階のビルなんて今やめずらしくもないが、建築規制が厳しいパリでは「どうしてここに?」という疑問を持つ人がいまだに多い。


▲右の金色に輝く屋根の建物はナポレオンの墓が置かれているアンヴァリッド(Invalides)


▲タワービルのすぐ南にあるモンパルナス墓地。モーパッサン、サルトル、ボーボワールなどフランスを代表する作家や有名人が多く眠っている

このビルはオフィスビルとして1969年から1972年の間に旧モンパルナス駅の跡地に建設された。ちょうど記者が当時2年間パリに滞在していた頃のことである。建設にあたってはケンケンガクガク、「パリにそんなみっともない建物を建てるべきではない」という反対の声が噴出。議論で毎日のようににぎわっていた。揚げ句には「パリで一番街がきれいに見えるところは、このビルだ。なぜならビルを見なくてすむから」と、フランス人らしいジョークが飛び出した。
そういえば、1889年のパリ万国博覧会のために建築されたエッフェル塔だって建築当初は「奇妙な鉄塔」といわれ、パリっ子にはあまり評判がよくなかったそうだ。それが今やパリの象徴となり、世界の観光地として大人気。優雅な塔のラインはパリっ子の自慢であり、つねに塔に上がる人の列が絶えない。
そこへいくとモンパルナス・タワーは40年たった今でも賛否両論。そのせいかこのビル以降は市内にはこの手の高層ビルは建設されていない。とはいえ、郊外の副都心ラ・デファンス(La Defense)のトゥールAXA(Tour AXA、高さ159m)が将来、高さ225メートルまで増築され、フランス1位の高いビルになるらしい。さらに同じくラ・デファンスに高さ300メートル前後のトゥール・ファーレ(Tour Phare)、トゥール・スィニャル(Tour Signal)、トゥール・ジェネラリ(Tour Generali)の建設が予定されている。


▲モンパルナス・タワーの広々とした展望台テラス。緊急時にはここがヘリコプターの発着場になり、周囲のフェンスは2分間で取りはずせる


▲モンパルナス墓地から見るタワー

評判はともかく、モンパルナス・タワーは59階に広々した展望台テラスがあり、周囲の見晴らしのよさはエッフェル塔とよい勝負である。むしろ、エッフェル塔の素晴らしさを見るにはこのタワーが一番である。周囲はガラスで囲まれているが、透明でところどころ撮影用にすき間を開けてあるという心配りがうれしい。360度見渡せ、ノートルダム寺院、アンヴァリッド記念館、ルーブル美術館、モンパルナス墓地、モンマルトルの丘のサクレクール寺院など有名観光スポットがすべて見渡せる。
もうひとつこのタワーのユニークなのは、展望台テラスが緊急時のヘリコプター発着場に変身することである。その時には周りのガラス張りフェンスは2分間で取りはずせることになっているとか・・・。まるで映画「007」の世界のようだ。


▲日本では東京スカイツリーがオープンして話題となっているが、建設当時、評判のよくなかったパリのエッフェル塔は今や世界の代表的観光地に

また、56階にカフェ&レストランがあり、飲みながら食べながら景色を楽しめる。最近は以前よりこのタワーに訪れる人が増えたが、それでもエッフェル塔ほどではないので、「並ぶのはいやだけど、高いところからパリを眺めたい」という人にはおすすめである。塔に上がる入場券もエッフェル塔よりだいぶお安くなっている。

■場所:33 Ave. du Maine(モンパルナス駅南、駅ビル内ラファイエットデパートを通り抜けて行ける)
■オープン時間:4月1日〜9月30日(毎日午前9時30分〜午後11時30分)、10月1日〜3月31日(日曜〜木曜:午前9時30分〜午後10時30分、金曜&土曜、祝日:毎日午前9時30分〜午後11時)
■入場料:大人8ユーロ(約10カナダドル)、学生(16〜20歳)4.50ユーロ、子供(7〜15歳)3ユーロ、障害者2.50ユーロ
※ちなみにエッフェル塔の頂上までの入場券は大人13.40ユーロ。事前にネットで予約できるが、当日券は1時間以上並ぶことはふつうである。
www.tourmontparnasse56.com

(2012年5月24日号)

 



 
(c)e-Nikka all rights reserved