【ナイアガラ・ランチスポット】

広大なぶどう畑をながめながら食事を・・・
ナイアガラ・オン・ザ・レイク「Riverbend Inn」


ナイアガラ瀑布から水がオンタリオ湖へ流れるナイアガラ・リバーに沿ったナイアガラ・リバー・パークウエーをナイアガラ・オン・ザ・レイクの町に向かって行くと、町の中心の少し手前に瀟洒(しょうしゃ)なたたずまいの白亜館がある。Riverbend Inn 。館の裏側は一面ぶどう畑が広がり、優雅な開放感を満喫できる。


▲広々とした敷地内に建つ「Riverbend Inn」

Riverbend Inn は本来、ホテルだが、レストランとしてもお客を受け入れている。表の立派な建物からして「ちょっとランチに・・・」とは気が引ける感じがするが、思いのほかカジュアル。特にレストランのパティオはぶどう畑の景色が素晴らしく、気軽に食事が楽しめる。


▲見晴らしのよいレストランのパティオ


▲パティオから望む敷地内のぶどう畑。遠くに見える建物は Peller ワイナリー


▲ぶどう畑にはギリシャ彫刻も・・・。後方にハーブや野菜の菜園がある


▲落ち着いた雰囲気の館内レストラン。夏は圧倒的にパティオが人気

ランチメニューはその日のスープ、サラダ、ムール貝のワイン蒸し、ターキー・クラブサンドイッチ、ビーフ・カルパッチョ、フォカッチアなど軽めのものから、リゾット、パスタ、サーモン、チキン、ビーフ料理などもある。値段は$7から$14〜$20前後が中心。


▲野菜たっぷりのランチメニュー、ターキー・クラブサンドイッチ

ディナーメニューはさらにロースト・ダックやオンタリオ産ラムなどの料理が加わる。このレストランのポリシーは、新鮮な地元の材料を用い、ハーブや野菜は敷地内の菜園で育てているものをできるだけ使うことだそう。メニューには野菜を多く取り入れているものが多い。

もうひとつ、大きな特色は、Riverbend Inn が所有している12エーカーのぶどう畑から収穫したぶどうで造った「Riverbend」ブランドのワインが飲めること。ワイナリーは所有していないので、ワイン造りはすぐ近くの Reif Estate Winery に委託しているそうだ。ワイン造りはちょうど10年前の2002年から準備を始め、最初のワインが製品として出来たのは2006年というからまだごく最近のことである。

ぶどう畑にはシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ソーヴィニヨン・ブラン、ヴィダルなどのぶどうが栽培されている。ハウスワインとしてレストランで出されている Riverbend ブランドの白ワインは少し甘口で口当たりがよく、暑い夏にぴったりのワインだった(グラスワイン$6〜)。

ナイアガラ滝の見物や年々増えるナイアガラ地方のワイナリーめぐりなどでこの地方へ行ったとき、隠れたランチスポットとしておすすめしたい。滝の近辺やナイアガラ・オン・ザ・レイク中心街のにぎやかさがうそのような静けさと素晴らしい景色の中でゆったり食事ができるのが何よりもうれしい。駐車場のスペースが十分あるので、その心配もいらないし・・・。

● Riverbend Inn
16104 Niagara River Parkway, Niagara-on-the-Lake
(入り口は横の John Street 側にある)
905-468-8866、または1-888-955-5553 (週末は予約を入れた方がよい)
年中無休。朝食、ランチ、ディナー、オープン
www.riverbendinn.ca

(2012年7月26日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved