【紅葉ガイド】

紅葉の季節がやってきた!(2)
ナイアガラ・エスカープメントに沿って


■ラットルスネーク・ポイント(Rattlesnake Point)
トロントから西へ車で30分ほど行ったところにミルトン(Milton)という町がある。このあたりの地域は Halton Region と呼ばれているが、平坦な農村風景の中に突如、横に細長く切り立った岩山の群れが連なっているのが目に入る。ここにラットルスネーク・コンサベーションがある。Hwy 401 を走る折、目にするおなじみの風景でもある。見た目がガラガラヘビ(Rattlesnake)のような岩の形をしていることから、こうのような名前がつけられたのであろうか。


▲切り立った岩の上にラットルスネーク・ポイント・コンサベーションがある


▲眼下に広がる田園風景


▲コンサベーション内にはこんな自然の芸術岩も

メープルの木々におおわれたこのコンサベーションは、夏はキャンプ、ハイキング、ロッククライミング、秋は紅葉見物などでにぎわう。コンサベーションの反対側の池に面した斜面はスキー場として親しまれている(Hwy 401 からスキー場が見える)。

ラットルスネーク・ポイントはどのようにしてできたのだろうか。起源は4億年前の氷河期にさかのぼる。以来、何度も地形の変化を繰り返し、現在のようになったのは、約1万2000年前の最後の氷河期によるものだそうだ。氷河がナイアガラ半島からジョージアンベイのトバモリーに連なるナイアガラ・エスカープメント(Niagara Escarpment)にこの地域の Nassagaweya 渓谷ができて、現在のような地形になったといわれる。

コンサベーション内には断崖に沿って、いくつかのトレイルがある。短いので1キロ、3キロ、一番長いのは7.2キロというコースもある。断崖の縁に柵はないので、足元に気をつけること。トレイルにはそれぞれ展望台(Lookout)が設けられている。眼下にはのどかな農村風景が広がり、はるか遠くにオンタリオ湖が見える。紅葉の時期は10月上旬から中旬にかけてが見ごろ。
コンサベーション内には、トイレ、シャワー、ピクニックテーブル、バーベキュー、飲み水などの設備はあるが、食べ物を売る売店はないので、食事は持参すること。ペット同伴OK。

【Rattlesnake Point Conservation】
◎場所:7200 Appleby Line, Milton
◎行き方:トロント方面からは Hwy 401 を西に行き、Hwy 25(Regional Road 25) で降りて南へ下り、Steeles Ave. を西に曲がり、Appleby Line を南に下って3キロのところにコンサベーションの入り口サインがある。
キッチナー方面からは、Hwy 401 の Guelph Line 1 を南に下り、Derry Rd. W. を東に行って、Appleby Line を北へ1キロほど上ったところにコンサベーションの入り口がある。
◎入場料:大人$6.50、シニア$5.50、子供(5〜14歳)$4.75、4歳以下無料
◎問い合わせ:905-854-0262
www.conservationhalton.on.ca

■汽車の小旅行、クレジット・バレー・エクスプローラー
オンタリオ州で「汽車の旅」というとすぐに思い浮かぶのがアガワキャニオンのアルゴマ鉄道だろう。しかし、鉄道の発着地点のスーセントマリーまでトロントから約700キロ、しかも汽車の観光所要時間は10時間とかなりの長旅になる。そこで近場の紅葉列車の旅を紹介しよう。

ラットルスネーク・ポイントと同様、ナイアガラ・エスカープメントに沿って走るクレジット・バレー・エクスプローラー(Credit Valley Explorer)は、一年を通して運行されているが、一番人気は紅葉と新緑の時期である。トロントから北西へ車で約1時間半ほどのオレンジビルから出発し、ブランプトン近辺の約74キロを往復する3時間余りの汽車の旅である。

鉄道自体は1879年に開通、CP(カナディアン・パシフィック)鉄道として木材や農産物を運んでいた。しかし、トラック輸送の発達で貨物輸送が衰退し、2000年にはオレンジビル鉄道開発会社に売却されて2003年から観光列車「クレジット・バレー・エクスプローラー」として運行されている。


▲クレジット・バレー・エクスプローラーの汽車とオレンジビル発着駅


▲紅葉名所のフォークス・オブ・ザ・クレジットの鉄橋を通る。下に流れる川はクレジットリバー

汽車は途中、谷や林、クレジットリバー、紅葉名所のフォークス・オブ・ザ・クレジットの鉄橋を通るのんびりした郷愁をそそる旅でもある。季節によって出発の曜日や時間、料金が異なる。9月、10月は月、水、木、土、日に運行され、出発時間は午前11時、土曜は午前9時と午後1時30分の2回運行されている。料金は出発日によって異なるが、大人約50ドル(飲み物のサービス付き)。乗車チケットは完全予約制になっている。
◎詳細はwww.creditvalleyexplorer.com (チケットの予約、乗車地の地図あり)
◎問い合わせ:1-888-346-0046

■カレドンのベルファウンテン・コンサベーション
トロント近郊で紅葉名所として人気が高いのがカレドン地域のベルファウンテン・コンサベーション(Belfountain Conservation)とそのあたり一帯である。トロントから車で30〜40分で行ける距離なので半日、または1日コースで行ける。

トロントからは、Hwy 401 を西に行って、Hwy 410 を北上、そのまま Hwy 10(Hurontario St.)をさらに北上、Hwy 11(Bush St.)を西へ5〜6分走るとベルファウンテン・コンサベーションがある。公園内にはクレジット川の上流が流れていて、つり橋のある短いトレイルもある。


▲ベルファウンテン・コンサベーション


▲コンサベーション内には小さな滝やつり橋がある

また、このすぐ近くに Forks of the Credit という曲がりくねった細い道路があり、鉄橋の下をくぐって行くのが人気の紅葉見物ルートにもなっている。鉄橋の下にクレジット川に沿ったトレイルもある。

コンサベーションがあるベルファウンテン村にはかわいいクラフトショップやカフェ、レスト ラン、歴史を感じさせるゼネラルストア(雑貨屋)などが並んでいる。紅葉時期の週末はたいへん混みあうので、車の駐車に苦労することがある。

帰りはベルファウンテン村の中央を通り抜けているミシサウガ・ロード(Mississauga Rd.)をおすすめする。道路の幅がやや狭くて、Hwy 9(King St.)あたりまで牧歌情緒豊かな風景が楽しめる。これを東へ行くと Hwy 10 にぶつかる。このあたりの紅葉の見ごろは例年10月半ばごろとなっている。

(2012年9月27日号)

 



 
(c)e-Nikka all rights reserved