【季節のイベント】

春の訪れを告げる
メープルシロップ祭り


◎自然博物館コートライトセンター

今年もカナダ東部に春の到来を告げてくれる大切な行事「メープルシロップ採取」が2月の終わりごろから4月初めにかけて行われる。樹液(Sap)がもっとも多く幹を流れるのは、気温が0度前後、そして冬の間、雪が多いほうが樹液も多く採れるといわれているが、今年のメープルシロップ採取はどうだろうか。
トロント郊外の自然博物館コートライトセンター(Kortright Centre)では毎年、この時期に「メープルシロップ祭り」と銘打ってメープルシロップ採取のデモンストレーションを行っている。ガイドさんが採取・製法に関しての説明をしてくれるので、子供たちにも人気がある。実際にセンターの裏に広がるメープル林で採取した樹液でメープルシロップができるまでを伝統的な方法と近代的な方法と2通りの作り方を見せてくれる。


▲サップ(樹液)を採取するときに打ち込む金属製のノズル

メープルの樹液が採取できるのは、いろいろ種類があるメープルの木の中でもシュガーメープルだけで、幹が直径25センチ以上の木に限られる。1本の木の総樹液の10%しか採取してはいけない規則になっているそうだ。樹液は97%が水で糖分は3%しかないので、樹液をなめてみるとほんの少し甘味を感じるくらい。これを伝統的な釜で煮て作る場合は、約24時間、煮詰めてメープルシロップが出来上がるのである。40リットルの樹液から煮詰めて取れるシロップは1リットルだけだという。


▲樹液を採取するバケツ


▲昔ながらのメープルシロップの製法。右の釜の樹液が一番薄く、24時間煮詰める。左端の釜が一番濃い

一方、近代的な製法で電気を使って煮詰める場合は、約4時間で出来上がる。しかも幹からビニールパイプで直接シロップを集めるシステムになっているので、バケツを集めてまわる手間も省けるわけである。


▲ステンレス製の釜に入れた樹液を電気で煮詰める製法

出来上がったメープルシロップは、色と味によって「エクストラライト」「ライト」「ミディアム」「アンバー」といったグレードが付けられる。ちなみにオンタリオ州とケベック州の2州で世界のメープルシロップの82%が生産されているそうだ。


▲コートライトセンターのティールームではメープルシロップがたっぷりかかったパンケーキが食べられる

センター館内のティールームでは「メープルシロップ添えパンケーキとソーセージ」(例えば:パンケーキ2枚+ソーセージ3本、$7.50)が味わえる。ギフトショップにはメープルシロップをはじめ、メープルコーン、キャンディー、ヌガー、クッキー、アーモンドなどが販売されている。また、館の外では週末はワゴンライド(馬車)で周囲を回ったり、幼児向けポニーライドが楽しめる。

■オープン期間:3月2日(土)〜4月7日(日)、毎日午前9時30分〜午後4時30分
■入園料:大人$10 、子供&シニア$6.50,4歳以下無料(Tax込み)/プラス車1台につき$4(駐車料)
■道順:HWY 400 を Major MacKenzie Drive(ワンダーランドがある所)で降り、西に向かって数分走ると Pine Valley Drive がある。これを南に下って数キロ行くと右側に入り口のサインが出ている。HWY 400 を下りてから Kortright Centre 入り口まで5.5キロ。
www.maplesyrupfest.com
※トロントの北東、Stouffville(ストービル)にある「Bruce's Mill Conservation」でも同様のメープルシロップ祭りが行われています。入園料は同じですが、駐車料金は無料です。

メープルシロップ・ディナー(コートライトセンター)
コートライトセンターでは3月23日(土)、メープルシロップをテーマにしたビュッフェ・ディナーを催す。ディナーのあとはガイドつき園内のハイキングも行われる。

ビュッフェ・メニューは、オーガニック・スプリング・サラダ、メインはメープルシロップ香味付けハム、メープルシロップ風味チキンブレスト、パスタのペストソース(かぼちゃ、ポテト、にんじん、グリーンピースなどの野菜つき)、デザートはタルトやクッキー類の盛り合わせ、コーヒー&ティー・・・となっている。

■日時:3月23日(土)午後7時オープン、ディナー7時30分スタート
■ディナー料金:$42.95(+15% Tax)
■申し込み:416-667-6295、または Eメール:customerservice@trca.on.ca

◎ウエストフィールド・ヘリテージ村

トロントの南西、ハミルトンの近くにある町 Rockton(ロックトン)。この地域のウエストフィールド・ヘリテージビレッジ(Westfield Heritage Village)でメープルシロップ祭りが行われる。メープルシロップ採取の様子を見学したり、パンケーキ・ブレックファストが味わえる。


▲Westfield Heritage Village の入り口。左がギフトショップ、右にカフェ・ホール「IRONWOOD」、その奥に入場チケット売り場がある


▲メープル林に中に建つシロップ製造小屋

ここは開拓時代のパイオニア・ビレッジになっていて、広い自然林の中に1775年から1925年までの35軒の歴史建物がある。さらに「赤毛のアン」の映画にも使用された蒸気機関車が置かれていて子供たちに大人気。メープルシロップ祭り中はワゴンライドも運行される。


▲蒸気機関車と駅


▲馬に引かれてワゴンライド

今年のシロップ祭りの開催日は、3月3日(日)、10日(日)、13日(水)、14日(木)&24日(日)、31日(日)のいずれも午前10時から午後4時まで。

■場所:Westfield Heritage Village
1049 Kirkwall Road, Rockton, ON  Tel:1-800-883-0104
■入場料:大人$10、シニア&学生$9、子供(6〜12歳)$5.50、5歳以下無料
www.westfieldheritage.ca (地図あり)
※写真はすべて2012年3月に撮影したものです。

◎プリンス・エドワード・カウンティー

トロントから東に車で約2時間のトレントンから HWY 33 を南に下るとオンタリオ湖に突き出た半島「プリンス・エドワード・カウンティー(郡)」になる。ここでは今年で11回目を迎える「メープルシロップ祭り」が3月23日(土)&24日(日)の2日間、開催される。フェスティバルはプリンス・エドワード・カウンティーのファームやワイナリーの会場を中心に約20カ所で開催される。各会場の情報はウェブサイトを参照。
www.mapleinthecounty.ca

◎エルマイラ・メープルシロップ祭り

トロントから西へ約80キロのキッチナー市から、さらに北に行ったところにある Elmira (エルマイラ)で1965年以来、毎年開催されている「エルマイラ・メープルシロップ・フェスティバル」。今年は4月6日(土)に行われる。年に1回、1日だけのメープルシロップフェスティバルは、春の訪れを告げるイベントとして北米各地から多くの人々が訪れる。
www.elmiramaplesyrup.com

(2013年2月28日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved