【総合スパ訪問】

一日中自然の中で癒やしを・・・
「NORDIK SPA」ケベック州チェルシー


オタワ市からオタワ川を渡るとそこはケベック州。広大な自然公園ガティノー・パークに隣接した美しい Chelsea (チェルシー)村のメープルの林の中に総合スパセンター「NORDIK SPA」(ノルディック・スパ)がある。7つの風呂、スチームバス、サウナ、マッサージルーム、エステルーム、レストラン、バー、ブティック、宿泊施設などを備えた大規模なスパだ。日本流にいえば「カナダ版温泉センター」とでもいえようか(残念ながら温泉ではないけれど・・・)。


▲「Nordik Spa」の外側の全景。中央の階段を上がって行くと受付がある

NORDIK SPA が開業したのは2005年。以来、年々、設備を整えて、今やこの地方の観光スポットとしても人気上昇中だ。スパと聞くと、なにか高級イメージが強く、ヒマなお金持ち族が行くところと思われがち。しかし、ここは見かけよりぐっと大衆的だ。20代前後の若い男女からお年寄りまで幅広い層に受けている。ケベック州観光局もサポートしていて、観光プロモーションに一役買っているようだ。
オタワから車で15分とあって、オタワ近辺から来る人が多いが、中にはモントリオールやアメリカからのお客もいるそうだ。お客が持参するものは水着とサンダルのみ。ここが日本の温泉とは勝手がちがう!
まずは自然の地形を生かして建てられたログ風建物の受付へ。入場料(BAINS=BATHS 、料金は後述)を払ってロッカールームのロッカーの鍵とタオルをもらう。鍵は腕時計のバンドのように手首に締めておく。センサーでロッカーが開け閉めできるモダンな鍵だ。水着に着替えて、さあ、自分の好みのところからスタート。まずは、スチームバスを体験。アロマの種類によって部屋が異なる。いずれもどっ〜と汗がにじみ出る心地よい暑さ。サウナも数カ所ある。


▲中庭に大小7つのお風呂が設けられている

次は、露天ファールプール。サイズは大きいのや小さいの、水温もいろいろ。滝のある広めのプールにも入ってみた。プールは全般に日本のお風呂より少しぬるめだった。全く水のように冷たいお風呂もある。さらに小高い丘に大きなスイミングプールサイズのプールもあって、ここからは眺めがいい。


▲滝が流れる広いファールプール


▲木の香りを生かした木造サウナ


▲敷地内で一番高いところにある大きなプール風お風呂。景色抜群

きわめつきは昨年9月にオープンした「BAIN FLOTTANT=FLOATING BATH」(浮き風呂)だ。中東の死海(イスラエルとヨルダンの間)と同じ塩分の濃度だという。ここは建物の地下にあり、広さ1,200スクエアフィートの幻想的別世界である。シャワーを浴びてから中へ。深さはひざより少し上くらいなので浮くのが苦手な人でも大丈夫。
静かにあおむけになると、あらら、ちゃんと体が浮かぶ。水の中から心が癒やされる音楽が聞こえてくる。両手を頭の下に組んでいる人もいる。だんだん眠くなってくる。30分から1時間くらい浮いている人もいるそうだ。係員から、塩分が濃いので決して手で目をこすらないようにと注意された。何分か経過するごとに天井の照明の色が変化するので、時間がわかる。時々外に出て、空気を吸ってからまた入ってもいい。


▲昨年9月にオープンした「浮き風呂」。死海と同じ塩分があるので体が楽に浮く。水の中から音楽が聞こえてきていつの間にか眠ってしまいそう

ロッカールームにはシャワー、ヘア&ボディーシャンプー、ローション、ヘアドライヤーなどの設備が整っているので特別にこだわりのない人には便利である。

【気になる料金は・・・】
◎ BAINS=BATHS (7カ所のプール、サウナ、スチームバス、浮き風呂など利用できる)
  月〜木曜:$48、金〜日曜:$54 ※予約は不要
■下記のサービスは別料金です
◎エステ(要予約)
  60分(顔、体、足):$90
◎マッサージ(要予約)
  60分〜90分、各種マッサージ:$90〜$145
◎トリートメント(要予約)
  $30〜$60
*料金はすべて税別。


▲マッサージもいろいろな種類がある(要予約)


▲足のアロマセラピー

これらの料金が高いか安いかはお客の施設利用の仕方しだいだろう。時間制限はないので、ゆっくり1日中、お風呂に入ったり出たり、レストランで食べたりして過ごすこともできることを考えるとけっして高いとはいえないと思うのだが・・・。筆者はやみつきになりそうなくらい、すっかりトリコになってしまった。

【Nordik Spa】
■アドレス:16 Nordik Road, Chelsea QC(Hwy 5×Old Chelsea Road)
■Tel:819-827-1111 または1-866-575-3700
■オープン時間:毎日午前9時〜午後10時(レストランは午後11時まで営業)


▲冬景色を見ながら夜のプールもロマンチック


▲お風呂の途中で休憩にワインを


▲スパ内にはレストラン2つのほか、バーもある All the Photos by Nordik Spa-Nature

カナダでは「NORDIK SPA」は今のところチェルシーだけだが、近く2号店がマニトバ州ウイニペグ市にオープンするそうだ。(トロントの近くにも出来るといいのだが・・・)

www.lenordik.com  

(写真提供:Nordik Spa-Nature、取材協力:Outaouais Tourism)

〈リポート・いろもとのりこ〉

(2013年5月23日号)

 



 
(c)e-Nikka all rights reserved