【食べある記・トロント郊外編】

地元出身オーナーシェフのレストラン
知る人ぞ知る、バーリントン「Black Tree」


〈 バーリントン 田中貴子 〉

バーリントンにある、知る人ぞ知るレストラン「Black Tree」。めったに四つ星をつけないトロントスター紙のレストランレビューで、見事に四つ星を獲得しただけあります。レストランはどこにでもあるプラザの一番奥まった所に位置していて、ロケーション的には、はっきり言って一つ星以下だと思うのですが、その隠れ家的な場所で8年も営業を続けているのですから。


▲Black Tree レストラン

トロントスター紙によると、バーリントン出身のオーナーシェフ、マテオさんは、トロントの名店各店で修業を積んだ後、子育て、そして家族との時間を増やすために、通勤時間を短縮すべく、バーリントンに自分のお店を開いたそうです。【豆知識:バーリントンは「カナダ一住みやすい町」2011年度第2位、2012年度第3位に選ばれています】。
バーリントンに住む者からすると、確かに家賃の高いトロント・ダウンタウンでお店を開くよりは、ダウンタウン以外の場所で営業するほうが、コストを低く抑えられる利点があるとは思いますが、あまりにも目立たない場所だと、日の目を見ることなく閉まってしまうリスクも覚悟しなければならないのでは?というのが本音です。
前置きが長くなりましたが、そんな疑問を抱きながらレストランへ行くと、フレンドリーなスタッフが出迎えてくれました。しかも、ドリンクを注文し終えると、マテオ・シェフがじきじきに挨拶に来てくれるおもてなし。
その時になって分かったのですが、予約の電話もマテオ・シェフが取っていたのです。自分の店に来てくれる客を手厚くもてなす精神に感服しました。【注:私達は開店時間の午後6時に入店した一番乗りだったのでシェフが出て来てくれましたが、ディナーの忙しい時間帯にはシェフが出て来てくれるとは限りません】
Black Tree では、アミューズブッシュ(付き出し)からデザートまで、すべてのお料理が手作りなのです。パンも開店時間を見計らって焼いた出来たてで、ホカホカのものがサービスされました。またバターも、ワイルドリークをマッシュして混ぜた緑色の自家製バター。見た目も初夏らしい上に、味も新緑の季節を感じられるものでした。
ちなみにドリンクですが、ビールは瓶のものが数種類しかなくビール好きの人には物足りないかもしれません。でも、ワインの品揃えはかなり豊富で、スタッフがお料理に合ったものを勧めてくれます。


▲前菜「サーモンとケイルのサラダ」


▲前菜「ワイルドリーク風味、豚の頬肉リゾット」

アミューズブッシュは、スモークハリブットにレモングラスソースがかかったもの、その上にパースニップの揚げ物。前菜には、サーモンとケイルのサラダと、豚の頬肉のリゾット、ワイルドリーク風味。これがまた普通のサラダではなく、紫ケイルの葉をパリッと揚げて、ラディッシュやゴーヤなど、さまざまな種類の野菜を使った変わりサラダなのです。
それから、豚肉の頬肉は長時間かけてじっくり煮込んであり、食べた瞬間にお肉が舌で溶けるように柔らかいのです。ワイルドリークのフレッシュな味ともマッチした絶品です。
「お口直しの一品」は海藻エキスをゼリー状にしたものと、お手製アップルソース。口直しと言えば、シャーベットが一般的ですが、海藻エキスをゼリー状にするなど、かなり独創的な発想です。
そしてメインは、春野菜のニョッキとビーフテンダーロイン。後者はボリューム満点です。私は、イタリアンレストランでニョッキを注文することはあまりないのですが(パスタやリゾットよりも、すぐにお腹がふくれ、延々と炭水化物を食べ続ける感覚なので)、前菜やその他の料理を食して、このレストランのニョッキなら大丈夫だろうと確信しオーダーしました。
私の勘は当たり、ニョッキは程よい柔らかさにゆでられ、量もちょうどよく、春野菜とソースがニョッキの食感に邪魔されない、絶妙な仕上がりでした。ビーフテンダーロインも、ただのテンダーロインではなく、ブルーベリーソース仕立てのもので、ここにも季節感あふれる食材が選ばれています。


▲メインディッシュ「春野菜のニョッキ」


▲メインディッシュ「ビーフテンダーロイン、ブルーベリーソース風味」

デザートは、これまた食べるのがもったいないくらいに芸術的でクリエーティブ。巷(ちまた)のレストランのデザートメニューには、甘いものとチーズ各種のような一品がありますが、Black Tree では、甘いものとチーズを一度に食べたい人のために、一皿でどちらも堪能できるメニューがあります。アイスクリームまでもがお手製の、チョコレート尽くしの一品もかなりお勧めです。
Black Tree は水曜から土曜しかオープンしていませんので、早めの予約(特に週末は最低2週間前に)をお勧めします。記念日や誕生日などのスペシャルディナーに、バーリントンの Black Tree、いかがでしょうか。【注:メニューは月替わりで、上述のメニューは5月のものです】


▲チーズとスイートを一度に堪能できるデザート


▲チョコレート尽くしのデザート

メニューの値段は前菜が$20前後、メインは$40前後、デザートは$11となっています。

■Black Tree
3029 New Street at Guelph Line (Located in the Roseland Plaza) Burlington
・営業日:水曜〜土曜(日、月、火曜休み)
・TEL:905-681-2882
http://www.blacktreerestaurant.com/

(2013年6月27日号)

 



 
(c)e-Nikka all rights reserved