【紅葉ガイド】(その1)

紅葉のシーズン到来!
アガワ渓谷、カラボジ、アルゴンキン


今週から紅葉の時期が早い順に紅葉ガイドをお届けします。例年では、北オンタリオやケベックは9月半ばごろから紅葉が始まり、ピークは9月末か10月初めごろ。トロント近郊は10月半ばから後半が見ごろとみられています。


▲アガワキャニオンを行くアルゴマ・セントラル・レイルウエイの紅葉見物列車


▲展望台から渓谷を眺める。眼下に停車している汽車が見える

渓谷を走る紅葉列車「アガワキャニオン・ツアートレイン」

紅葉列車として有名なアガワキャニオン・ツアートレイン(Agawa Canyon Tour Train)。今年は夏の大雨のため鉄道に支障が起きて9月24日まで運転を休んでいるが、9月25日(水)から10月14日(月)まで運行が再開される予定。

アガワキャニオン・ツアートレインはトロントから北西へ約700キロ行ったスーセントマリー(Sault Ste. Marie)の町から出発し、アルゴマ・セントラル・レイルウエイ(Algoma Central Railway)をアガワキャニオンまで行く汽車の旅である。スーセントマリーからアガワキャニオンまでは片道183.4キロメートル。朝8時にスーセントマリー駅を出発し、午後6時ごろに同駅に戻るという10時間のコース。ちょうどお昼ごろ、アガワキャニオン(渓谷)に到着、そこで1時間半の休憩時間が設けられている。

渓谷にはいろいろなコースのトレイルや小さな滝もあるが、決められた1時間半という休憩時間で一番おすすめは、展望台(Lookout)に登ること。サインにしたがって行くと、かなり急な階段がある。階段の数は全部で310段くらい。途中、階段の数が表示されているので、「あと、いくつだ」と、分かるようになっている。展望台に到達し、眼下の景色、駅に停まっている列車を見ると、登ってきた疲れもどこへやら・・・。駅から展望台までの往復所要時間は30〜40分。

アガワキャニオン・ツアートレインに参加するにはいくつかの方法がある。
(1)車で行ってホテルと汽車のパッケージを利用する
(2)飛行機・ホテル・汽車のパッケージ
(3)旅行社主催のバスツアーに参加する・・・など
自分たちに合った方法を最寄りの旅行社に相談するとよいだろう。

■汽車に関する問い合わせ:1−800−242−9287 または、705−946―7300
www.agawacanyontourtrain.com


▲紅葉時期は見物客のためにスキーリフトが運行されるカラボジ・ピークス・リゾート (c)Calabogie Peaks Resort


▲オタワバレーの美しい紅葉 (c)Calabogie Peaks Resort

スキーリフトから眺める紅葉、カラボジ・リゾート

オタワ川の南、オタワから西へ車で1時間半ほど行ったオンタリオ州カラボジ(Calabogie)にホテル、ゴルフ場、スキー場を備えたカラボジ・ピークス・リゾートがある。すぐ近くに湖があり、紅葉時期は辺り一帯が紅葉してオタワバレーの見事な景色が望める。
紅葉シーズンは週末スキーリフト(所要時間10〜15分)が運行されていて、リフトに乗って高いところから見る紅葉はまた格別。さらに山の頂上づたいに歩くハイキングコースもある。


大きな地図で見る

■スキーリフト運行日時:8月末の週末から10月14日(月曜、サンクスギビングデー)までの土曜&日曜のみ。午前11時〜午後3時
■チケット:大人$10、子供(5〜14歳)$5、5歳以下無料(チケットはスキー場ふもとのホテル、Dickson Manor のフロントデスクで購入する)
www.calabogie.com


▲ハンツビルのライオンズルックアウト展望台からアルゴンキンを望む

アルゴンキン州立公園

トロントから北へ150〜200キロほど行くと、辺り一面、紅葉したメープルの林と無数の湖とが織り成す美しい景色に出会える。アルゴンキン州立公園(Algonquin Provincial Park)は、ハンツビル(Huntsville)から Hwy 60号線を通り抜けるコースが見どころになっている。
ハンツビル市内にある展望台「ライオンズルックアウト」(Lions Lookout)からの景色もすばらしい。トロントから往復周遊すると約500〜600キロになるが、日帰りでも十分行ける。見ごろは9月末からサンクスギビングデーあたりまで。

(2013 年9月19日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved