【ユニークなゲーム】

日本スタイル子供中心のテレビ番組「JAPANIZI」
11月5日(火)からYTVで放送開始


日本スタイルのユニークな新テレビ番組「JAPANIZI」(ジャパニージ)が11月からカナダ、アメリカで放送される。すでにトロントのCBCスタジオでの録画撮りは終了し、現在、編集作業が行われている。本紙は、今夏、CBCスタジオにおじゃまして、ゲームの様子を見せていただいた。


▲「JAPANIZI」番組の録画風景(トロントのCBCスタジオにて)

この番組は、12歳から16歳の子供を中心にした出場者がゲームに挑戦する企画で、出場するチームは友人、親子、双子、教師と生徒など、組み合わせはさまざま。そして各チームを応援する人たちがスタジオ両側の応援席に陣取って大声で声援を送る。応援席には地元トロントの人たちの顔も多く見られた。


▲司会の Yoshi(左)とジャッジの Masa

番組のホスト役は、ニューヨークで司会/役者として活躍している「Yoshi」、天尾(あまお)ヨシさん。そしてジャッジ役は「Masa」こと、トロント在住の橋本昌幸さんが務める。さらに、「Shinobi」と「The Ninjas」のいでたちをした忍者の一団がゲームの最中に出没して、見る人の興味を一層そそる。

番組の構成は3つのゲーム、2人1組のペアで4チーム出場。ゲームを戦うごとに負けたチームが脱落していき、最後まで勝ち残ったチームが優勝となる。YTVでは、毎週1つのエピソード、全部で40エピソードの放送を予定している。


▲ニューヨークで司会/役者として人気が高い Yoshi 。天尾ヨシさん


▲コミカルにジャッジを演じる Masa 。トロント在住の橋本昌幸さん (Photo by marblemedia)

ゲームは、障害物を乗り越えたり、水に落ち込んだり、奇想天外なものが飛び出す。例をいくつか挙げてみよう。
「Lucky Miso Noodle Party」(味噌ラーメン はい、お待ち!)=お椀に入ったラーメンを運ぶ競争
「Lobster Mouse Chopstick Fun」(ロブスターのネズミ取り)=何百匹もいるおもちゃのネズミを箸(はし)でつかむ競争。忍者がネズミたちを揺るがせて困らせる。
「Tokyo Belt Bike Race」(東京ベルト・バイクレース)=小型自転車に乗ってベルトコンベヤーの上を走る。走行中、頭上のブザーを頭で押すと、相手チームのベルトコンベヤーの速度が増す。先にベルトコンベヤーから落ちたチームが負け。 このほか、エキサイティングなゲームがいっぱい!


▲エキサイティングなゲームが展開される (Photo by marblemedia)


▲応援席からは大きな声援が・・・ (Photo by marblemedia)


▲ゲームの最中に Shinobi と The Ninjas が出没!(Photo by marblemedia)

どのゲームでも、会場の熱気は高まり、出場者はもとより応援席の人たちも興奮のクライマックスに達する。 コミカルにこの番組を引っぱっていく司会役の「Yoshi」、ジャッジ役「Masa」のパフォーマンスも見ものである。

○    ○    ○

番組「JAPANIZI」は、11月5日(火)からスタートします。カナダではYTVから全国放送されます(トロント地方ではチャンネル25)。毎週火曜日の午後6時から6時30分まで30分間。ただし、12月は、12月3日(火)と10日(火)の午後7時から始まります。
そのあとは、新年(1月)から再開します(放送日と時刻は未定。後日お知らせします)。
アメリカでは、11月4日(月)から Disney XD で週日(月曜〜金曜)午後7時30分から30分間放送されます。
そして年が明けて2014年1月からは世界120カ国で放送される予定です。

(2013年10月17日号)



 
 


 
 
(c)e-Nikka all rights reserved