【東日本大震災】

石巻市立大川小学校3周年慰霊式に出席
まだ残る震災のつめ跡、モガール和子さん報告


2011年3月11日の東日本大震災。あの日から3年を迎えた日本では、被災地をはじめ国内各地で犠牲者の慰霊と復興を祈願するイベントが執り行われた。


▲宮城県石巻市のビッグバンで行われた東日本大震災犠牲者追悼式(3月11日)

トロント在住のモガール和子(Kazuko Moghul)さんは追悼式典に参加するため、息子のデニスさん(27歳)といっしょに郷里の宮城県石巻市に赴いた。デニスさんはオンタリオ州ハミルトンのマクマスター大学大学院卒、今年5月からカナダの会社に就職する予定である。


▲モガール和子さんの実家があった石巻市長面(ながつら)の風景。今は更地(さらち)になり約1.5メートル地盤沈下、満潮時には海と一体化する


▲長面地区の津波到達地点(6メートル)に建てられた記念碑


▲長面に建造された鎮魂と復興祈願のお地蔵様に手を合わせるもガール和子さん(中央)

和子さんの実家があった石巻市長面(ながつら)地区はとりわけ被害が大きかった。 「津波で実家の兄の家族4人が死亡、兄と兄のひ孫の2人が今も行方不明となっています。また、私のいとこ3人が死亡、小学校時代の同級生7人が亡くなりました。長面地区の住民の4人に1人が死亡という悲しい出来事でした」と和子さん。

3月11日は、母校の石巻市立大川小学校を訪れ、同校で行われた津波犠牲者追悼式に出席した。


▲大川小学校慰霊碑の前で、僧侶による追悼(3月11日)


▲花を手向けてお祈りするモガール和子さんの息子デニスさん。デニスさんは10歳の時、トロントから大川小学校に体験入学した


▲大川小学校に寄贈されたモニュメント「Angel of Hope」

大川小学校の悲劇
石巻市立大川小学校では津波で児童70人と職員10人が死亡、児童4人が今なお行方不明となっている。

東日本大震災の3周年記念日の前日の3月10日、児童23人の父母29人、19遺族が「津波で子供が犠牲になったのは明らかに人災だ。調査方法に疑問がある」として、宮城県と石巻市に対して一人1億円、総額23億円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。

あの日、午後2時46分に地震発生。大川小学校では、児童生徒らを校庭に集合させた。校舎の裏には山があったが、児童たちは海の方角に向かって移動させられた。地震が起きてから津波が襲来するまで約50分あったという。裏山に逃げていれば助かったのではないかと悔やむ声が多い。


▲石巻市立大川小学校の前景


▲無残な姿をさらしている大川小学校の校舎


▲大川小学校の校舎後ろ

惨事に関する有識者の検証、最終報告書案では 避難開始の意思決定の遅れと、防災対策の不備や学校に適切な連絡をしなかった行政の問題点などを指摘している。

この訴訟について、モガール和子さんは次のように語る。
「地元でもこの訴訟には賛否両論があります。悲しみと怒りの矛先(ほこさき)はやっぱり行政と税金。提訴しなかった被災者家族は『もうそっとしておいて欲しい、亡くなった子供たちは帰らないのだから』と言っています。これからも続く被災者の長い復興への道、これらの人々を決して忘れることのないように応援が必要です」

仮設住宅に92歳「榊のおばあちゃん」
宮城県の復興住宅は、1万5,000戸の計画に対し、完成したのは322戸で計画のわずか2%である。しかも着工できたのは3,796戸で、1万900戸近くが未着工のまま。仮設で暮らす人々は4年目に入った。

石巻市の河川敷公園の中に建てられた仮設住宅。ここにモガール和子さんの実家のお隣りさんだった92歳の女性が住んでいる。「榊(さかき)のおばあちゃん」と呼んで親しくしていた榊久子(さかき・ひさこ)さんを和子さんとデニスさんが訪問した。


▲石巻市河川敷公園内の仮設住宅


▲仮設住宅で暮らす「榊(さかき)のおばあちゃん」こと榊久子さんとデニスさん。榊さんはモガール和子さんの実家のお隣りさんだった

「榊のおばあちゃんの話だと、雨の日には入り口のほうから雨漏りがするし、大雪には屋根がつぶれるのではないかと心配します。不自由な生活を強いられていることは間違いありません。
榊のおばあちゃんは、仙台で暮らすお孫さんが増築して同居を望んだのですが、生まれ故郷や友達と離れたくないと、あえて狭い仮設住宅でまる3年以上も暮らしているのです。
92歳ですよ。でも、口ぐせのように、3・11の時に津波に流されていたら良かったのにと言っています。おばあちゃんには、もっと良い住環境で暮らして余生を楽しんでほしいです」と、和子さんは切実に訴える。

【写真提供】
デニス・モガールさん All Photos by Dennis Moghul

(2014年3月27日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved