日本人初 カナダ・プロバスケットボールリーグNBLプレーヤー
「Halifax Rainmen」安藤誓哉選手、世界への第一歩


〈 リポート ハリファックス市・宮野智子 〉

この秋、「Halifax Rainmen」が、カナダ・プロバスケットボールリーグNBL史上初めて日本人選手をチームに迎え入れた。これを受けて、地元ハリファックスの日本人社会は、大変な盛り上がりを見せている。22歳の安藤誓哉(あんどう・せいや)選手である。
安藤選手はつい数カ月前まで明治大学バスケ部を引っ張ってきた。高校時代には宮城県仙台市の明成高校をインターハイ準優勝、ウインターカップ優勝まで導き、U18日本代表にも選ばれた経歴の持ち主である。


▲プリシーズンゲームでの安藤誓哉選手(10月31日、ハリファックス・スコシアバンクセンターで行われたPEIアイランドストーム戦会場にて)

小学1年にバスケを始めた安藤選手は、小さい頃から海外のバスケに憧れてはいたものの、つい最近になるまで、海外への挑戦の仕方が分からなかったと言う。
今シーズン「Halifax Rainmen」と契約する運びとなったのは、海外のバスケチームを紹介してくれるエージェント野澤亮介氏を、ネットで知ったことがきっかけなのだそう。それまでは、海外へバスケ留学するというアイデアさえ浮かばなかった。


▲プリシーズンゲームで安藤選手(同)

アメリカでスポーツエンターテイメント会社「Loop Sports Management」を設立し、日本人選手をはじめ、世界中のバスケ選手のエージェントにも携わっている野澤氏は、夏期に開催されているプロアマリーグ「Drew League」を紹介。この夏、そこに参戦していた安藤選手が「Halifax Rainmen」オーナーのお眼鏡にかなったというわけである。

安藤選手はチームの司令塔ポイントガードを務めているが、このポジションになったのは大学生になってから。日本では常にチームメイトからの厚い期待と信頼を一身に背負ってプレーしてきた。
こちらでプレーしてみて、日本と決定的に違うと安藤選手が感じるのは、ここぞというときに「ボールが来ない」ことだそう。日本に比べて個人プレーの多い北米でも、プレー中、常に声を出し、チームプレーを重視するという安藤選手のスタイルは変わらない。


▲ゲーム中の安藤選手(同)

初の海外長期滞在であるハリファックスでの最初の1カ月は、和食は食べられなかったものの、3食付きでそれなりに快適な食生活だったと言う。好き嫌いはなく何でも食べられるが、栄養の偏(かたよ)りは、サプリを欠かさず取り続けてカバーしていた。
ところがプリシーズンが終わり、11月に入ってからは、自炊生活が始まってしまった。人生のうちほとんどが自宅通学、高校時代の寮生活も食事付きだったため、安藤選手にはまともな自炊経験がない。

にもかかわらず、「今後10年くらいは、いろんなチャンスに挑戦したいと思っているし、これから先、世界中どこへ行っても、どんな境遇でも、自分で生活できるようにしていきたい。ハリファックスにいるうちに、自炊もしっかりできるよう頑張りたい」と、とても前向き。
そんな安藤選手のために、地元ハリファックスの日本人主婦たちは、料理講習会を企画しようと、ご本人以上に張り切っているところである。

10月中は住居と食事は提供されていたものの、渡航費は自腹だった上に、自炊が始まってからは何かと物入りの毎日。その上、プロの世界ではチームに貢献できなければ、シーズン中でもいつ解雇されるかわからない。


▲監督の指示を聞く安藤選手(左端、同)

同期のバスケ仲間たちが、大学卒業後は日本プロチームや実業団チーム、就職など、より安定した将来に向かおうとしている中、あえて、不安定でもより高いレベルのバスケを求め、北米バスケ界に挑もうとする安藤選手に、野澤氏は「クラウドファンディング」という支援プロジェクトを立ち上げるよう提案した。

このプロジェクトは、目標金額を達成したときのみ、選手に支援金が支払われるというシステムで、達成しなかった場合は支援者にも課金されないが、選手にも一切の支援金は届かないというなかなか厳しいもの。達成できた暁(あかつき)には、集められた支援金は自腹を切った渡航費や生活費、活動費に充てられる。

プロジェクトの締め切りは、日本時間の2014年11月28日09時00分。支援金は、日本発行のVISA またはマスターカードでのみ受け付けている。残念ながらカナダ発行のクレジットカードでは支援金を送ることはできず、支援お礼のサイン入りTシャツ、色紙などの送付先も日本国内である。
日本の家族・親戚を通して、ぜひ支援したいという方は次へ 。
https://cf.sportie.jp/sportie/projects/892


▲ハリファックスの日本語補習校を訪問した安藤選手。急きょ、激励会が行われた(11月1日)

シーズン中は、ハリファックス市でのホームゲームのほかに、ニューブランズウィック州のモンクトン市、セントジョン市、プリンスエドワードアイランド州(PEI)シャーロットタウン、オンタリオ州のブランプトン市、ロンドン市、ミシサウガ市、ウィンザー市でもアウェイゲームが開催される。
これらの都市にお住まいの方も、チャンスがあれば、安藤選手の活躍をぜひご覧いただきたい。

【安藤誓哉(あんどう・せいや)選手プロフィール】
生年月日:1992年7月15日生まれ、 22歳
出身地:東京
身長:180センチ
体重:80キロ
家族:父、母、妹
趣味:昼寝、食べること
好きな食べ物:焼肉、とんこつラーメン、寿司
好きなスイーツ:きんつば、チーズケーキ
好きな音楽:Jポップ、R&B、ヒップホップ
好きなバスケ選手:クリス・ポール(ロサンゼルス・クリッパーズ)
2014-15 所属チーム:Halifax Rainmen
http://www.rainmenbasketball.ca

(2014年11月13日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved