【ビジネス・トピックス】

「MUJI 無印良品」カナダ1号店オープン
トロント・ダンダススクエア付近の繁華街


シンプルなデザインと良質、かつリーズナブルな値段で日本をはじめ世界中でその名前が知れわたっている「MUJI無印良品」のカナダ1号店が、11月29日、トロントにオープンした。「トロントのタイムススクエア」とも呼ばれるダンダススクエアやイートンセンターのすぐ近く、日ごろ最も多くの人が往来するところである。


▲ダンダス通りに面した Atrium 内にある「MUJI 無印良品」の店舗(20 Dundas St. West, Toronto)

無印良品は1980年に東京・青山に1号店をオープンして以来、日本全国では約400店舗、海外では25カ国に出店、店舗数も約280にのぼっている。北米では2007年にニューヨークのソーホー地区に1号店を出し、人気を博した。


▲MUJI CANADA 無印良品 の角田徹(つのだ・とおる)社長

そして今回、ついにカナダで最初の店がトロントにオープン。開店当日は終日入場制限が出るほど大勢の来客でにぎわった。
MUJI CANADA 社の角田徹(つのだ・とおる)社長にトロント店の方針などについてお話をうかがった。

■特にトロントのお客を意識した製品、販売法はありますか? 客層のターゲットは?

当社は全世界共通のポリシー、製品でお客様に満足していただけるよう努めていますから、特にカナダ向けに変えることはしていません。お客様の層も若い方から年配の方まで幅は広いですね。

■どのようなアイテムを置いているのですか? デザイン、品質、値段との兼ね合いは?

日用雑貨、食器、収納箱各種、衣類、スーツケース、化粧品、アロマ類など約2800アイテムあります。 日用品はお求めやすいよう、値段を比較的安価にしています。衣類や家具などは品質に合った値段を設定しています。


▲衣料品コーナー


▲1人用歯ブラシ立て
▲アルミケース類
▲籐(とう)製収納箱


▲整然と並んだアクリル収納ケース ▲木製食器類
▲各種用途に応じた化粧水類 ▲ベッド、クッションなど家具類


▲スリッパも手頃なお値段 ▲子供のクリスマスギフトにいかが?


■日本や他の国では食品も置いていますが、トロント店では置いていませんね。

食品は規制が厳しく、表示もカナダでは英仏2カ国語で入れなくてはならないことなどからすぐには商品に加えられませんでした。しかし、いずれ、置けるよう努力して行きたいと思っています。

■今後、トロントの別のエリア、または他のカナダの都市での出店を考えていらっしゃいますか?

2015年にトロント2号店を考えています。まだ場所は決定していませんが・・・。さらに将来、モントリオールやバンクーバーでの出店も考えています。

【MUJI 無印良品トロント店】
20 Dundas St. West (ヤング×ダンダスの西、北側 Atrium 内)
営業日時:月〜金曜午前10時〜午後8時、土曜:午前10時〜午後7時、日曜:午前11時〜午後5時

www.muji.com/us

〈リポート・いろもとのりこ〉

(2014年12月4日号)



 
 


 
 
(c)e-Nikka all rights reserved