手軽にカナダの知識を学べる
「カナダ検定〜解いて楽しむ101問」
池内光久・竹中 豊・田中俊弘 編著/彩流社発行





カナダに長く住んでいてもカナダについて案外、知らないことが多いのではないだろうか。また、知りたくても難しい本を調べるのはめんどう・・・という人にもってこいの書「カナダ検定〜解いて楽しむ101問」が2014年10月に刊行された。

分野別に1問ごと見開きでわかりやすく解説されていて、知る楽しさを味わうことができる。「A 基礎・地理」「B 歴史・民族」「C 政治・経済・外交」「D 社会・文化」に分けられ、それぞれ問題が4択で選べるようになっているので、ゲーム感覚でも楽しめる(正解はそれぞれ右ページ下に示してある)。


▲1問ごとに見開きで質問と解説が掲載されている


▲問題は4択なので、答えやすい

問題の数は、本書のタイトルにあるように全部で101問。中にはカナダに住んでいれば常識的なものもあるが、「え?」と思うような意外に知られていない質問もある。感心するのは、データが非常に新しくアップデートされていることだ。

問題の中には、例えば、「カナダのナショナル・アニマルは何ですか?」「世界遺産ケベック・シティの要塞の原型を築いたのは誰ですか?」「カナダ連邦議会の下院議会の任期は最長何年ですか?」「『木を植えた男』などで知られる、カナダのアニメーション界を代表する人物は誰ですか?」などなど・・・。

日本では2012年にNPO法人「日本カナダ検定試験」というカナダに関する知識を検定する試験制度が発足したが、まさに本書はそのための力強い参考書となるだろう。カナダ検定試験の実施概要も記載されている。

編著者は3人。池内光久(いけうち・みつひさ)さんはNPO法人日本カナダ検定協会副理事長、PCRM研究所代表、日本ケベック学会監事。また、竹中豊(たけなか・ゆたか)さんはカリタス女子短期大学教授、NPO法人日本カナダ検定協会副理事長、日本カナダ学会理事。田中俊弘(たなか・としひろ)さんは麗澤大学教授、NPO法人日本カナダ検定協会理事、日本カナダ学会副会長。各氏ともカナダに造詣が深い専門家である。

付録として、カナダ史略年表、もっとカナダについて詳しく知りたい人のためのブックガイドも分野別に記載されている。たとえば、「はじめて出会うカナダ」(日本カナダ学会編=有斐閣)、「カナダの歴史がわかる25話」(細川道久著=明石書店)、「ケベックとカナダ」(竹中豊著=彩流社)など。

カナダに住む人、または短期間滞在する人にとって、心強い情報源として手元に置いておきたい本であるとともに、パーティーなどでクイズ形式でも楽しめそうだ。

「カナダ検定〜解いて楽しむ101問」
■発行所:彩流社
■定価:2000円+税

(2015年1月1日号)



 
 


 
 
(c)e-Nikka all rights reserved