【リユニオン】

ブライアン・アダムス「Reckless」発売30周年記念ツアー
バンクーバーで家族・友人ら100人が集い歓迎パーティー


1984年11月5日、ブライアン・アダムス(Bryan Adams )の大ヒット曲「Reckless」が発売され、30周年を迎えた。その30周年記念カナダ横断コンサートツアーが1月12日BC州ビクトリアでのコンサートを皮切りに、14日バンクーバー、16日カルガリーと西から東へと12カ所をまわり、2月28日のトロント市エアカナダセンターでのコンサートで締めくくる。この1カ月以上に及ぶコンサートの大ツアーは現在、東へ進んでいる。

ブライアン・アダムスは1959年11月5日、オンタリオ州キングストンで生まれた。歌手、作曲家、作詞家と10代から音楽活動を始め、のちにカナダを代表するミュージシャンとして世界中で活躍する。日本にも多くのファンを持ち、たびたびコンサートツアーが行われている。


▲ブライアン(手前)と父親のコンラッド・アダムスさん

現在はイギリスに住んでいるが、父親、弟など家族はバンクーバーに住んでいる。今回バンクーバー・コンサートの前日,1月13日に、家族や100名を超える友人、関係者らが集まり、トワッサンのコースト・トワッサン・インで歓迎サプライズパーテーが開かれた。この日は岡田誠司バンクーバー総領事夫妻も参加した。


▲13台のハープとフルートで、ヒット曲「Heaven」の演奏


▲ブライアンとハープ奏者たちが記念撮影

午後6時にオープンし、会場正面には13台のハープとフルート奏者が待機していた。ブライアンと父親のコンラッド・アダムスさんが会場に顔を出すと、13台のハープの音色がいっせいに奏でられた。そして、ブライアンのヒット曲「Heaven」が会場いっぱいに響きわたり、豪華な雰囲気をかもしだした。


▲コンラッド・アダムスさんとヒロミ夫人


▲ブライアン(中央)と義母ヒロミ・アダムスさん(左)。PWB社の小松和子社長(右)も駆けつけた

ブライアンも盛大な歓迎に大喜びであった。この日は12月27日に誕生日を迎えたコンラッドさんのバースデーも祝い、久しぶりの親子で過ごす誕生祝いにひときわ喜びを感じていたようだった。ブライアンの義理の母親ヒロミさんの友人たちの合唱やソロを交えて、歓談のひとときを楽しんだ。


▲ブライアン・コンラッド親子の撮影をしようとカメラをかまえたら、筆者の写真を撮っていた。こんなやんちゃな一面も・・・

そして何といってもこんなに近くで世界的ミュージシャン、ブライアン・アダムスに接する機会はめったにないわけで、若い人たちはブライアンとの写真撮影や会話がはずみ、楽しい思い出に残るパーティーとなった。

〈リポート・妹尾 翠〉

(2015年1月29日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved