【日系野球】

バンクーバーの「新朝日チーム」3月に日本遠征
募金イベント「朝日スシ・ロール・チャレンジ」盛大に開催


昨年は戦前の日系野球チームのストーリー「バンクーバーの朝日」(石井裕也監督、妻夫木聡主演)が映画化され、また、バンクーバーに「新朝日チーム」が結成されたことで、ちょっとした旋風を巻き起こしている日系の野球界であった。
その「新朝日チーム」は本格的な活動を開始、今年3月には日本遠征に挑むこととなり、2月8日、日系センターで遠征のための募金イベントが開かれた。


▲日本遠征に参加する12歳から15歳の選手15名(ユニフォームはANA提供)。今回の遠征ではコーチ・家族など含め総勢40名となる。


▲カナディアン日系ユースベースボールクラブの発起人メンバー7名。(右から)Emiko Ando, John Wang, Manabu Ogawa, Tomio Fukumura, Russ Kada, Sammy Takahashi, Josh Coward

今回のイベントは「朝日スシ・ロール・チャレンジ」と銘打って、工夫を凝らした楽しいイベントとなった。参加レストラン4店が各自工夫を凝らした「朝日スシ・ロール」を創作し、その試食会が行われた。


▲「スシ・エックスプレス」

「スシ・エックスプレス」のスシ・ロール。日本風の味噌マヨネーズにカナダのサーモンとクリームチーズ。白い球状は酢漬け大根のボール、棒状クラッカーはバットのイメージである。ピンクの文字は朝日のイニシャル「A」。コクを出すため、あぶりにしてある。


▲「オクトパス・ガーデン」

「オクトパス・ガーデン」は朝日の色「オレンジ」を基調としてサーモンやヤムポテトを使用。野球が始まったオッペンハイマーパークで毎年行われているパウエル祭をイメージしてチャーシュー、煮卵、焼きソバを添えている。


▲「葉っぱ・居酒屋」

「葉っぱ・居酒屋」の料理は、カナダ人の好きなビンチョウマグロ・ロールに日本人の好きなハスのきんぴらでカナダ・日本フュージョンを表現。


▲「大魚市場」

「大魚市場」の料理は「めでたい」にかけて日本の真鯛(まだい)を使用。カナダのスモークサーモン、巻き芯(しん)のアボカドは海を表し、表面のたまねぎは波、そしてイクラは太陽を表現している。


▲エンターテイメント

エンターテイメントは、岡田誠司バンクーバー総領事のサックスと中島有二郎氏のギターで、映画「バンクーバーの朝日」で歌われた「Take Me Out to the Ball Game」と Pharrell Williams「Happy」を披露、その軽快なリズムで会場は大いに沸き立った。

会場では多くのサポートを得たサイレント・オークション、朝日グッズ販売、ミニ・アイパッドなどが当たるラッフル、エンターテイメントが繰り広げられた。そして選手、コーチ、役員らの紹介が行われるなど、充実したイベントであった。 

今回イベントの参加者は200名を超え、8,000ドルを超える収入となった

新朝日チームは3月5日バンクーバーを出発し3月16日に帰国する。その間、試合7回を予定している。

【新朝日チーム、日本遠征スケジュール】

■3月8日(日)
横浜南高校講堂にて横浜市柏崎副市長、映画「バンクーバーの朝日」の著者テッド・フルモト氏を招いて開会式。
グラウンドに移動の上、興石市会議員による始球式。「横浜南ボーイズ」と親善試合、第2試合は「横浜中本牧シニア」と対戦。
夜、JICAにて旧朝日軍の親戚の方々を交えて懇親会。

■3月9日(月)
旧朝日軍のエース、テッディー・フルモト氏のお墓参り。横浜市長訪問。DeNAベイスターズ関連のイベントに参加。 夜、JCOMテレビにテッド・フル モト氏とともに出演。

■3月10日(火)
カナダ大使館訪問。足利市に映画「バンクーバーの朝日」のロケ跡地を訪問。

■3月11日(水)
愛知県大府市へバス移動。大府高校野球部と合同練習。
大府市長を交え、歓迎セレモニー。

■3月12日(木)
奈良県天理市へバス移動。

■3月13日(金)
滋賀県近江八幡にある木村野球塾で旧朝日軍メンバーの松宮哲氏、ほか親戚の方々が参加してセレモニー。選手は木村塾の指導を受ける。彦根市役所を訪問。

■3月14日(土)
天理市白川グランドにて奈良地区リトルシニアチームと対戦。

■3月15日(日) 同上

■3月16日(月) 全日程終了、帰国。

〈 リポート・妹尾 翠 〉

(2015年2月19日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved