【食べある記・モントリオール編】
カカオ豆から製品まですべて手作り
究極のチョコレート専門店
LA TABLETTE de Miss Choco


〈 Nico Fujita・記/Coco Montreal 誌 〉

「10人中9人はチョコレートが好きだ。残りの1人はうそをついている」とは、ジョン・キュー・タリアスの名言。いつの世も大人気のチョコレート。今月は、モントリオール唯一の Bean-to-Bar チョコレート専門店、「LA TABLETTE de Miss Choco」をご紹介しましょう。


▲一粒一粒への愛情からチョコレート製品が始まる

Bean-to-Bar とは、カカオ豆(Bean)の状態から板チョコレート(Bar)になるまでの行程を、熟練のチョコレート職人がすべて自ら行っているチョコレートのことです。あえて小規模に行うことで、カカオ豆の焙煎(ばいせん)具合や、カカオマスの精錬スピードなどを的確に調整することができ、こだわりの香りと味を持った高品質の板チョコレートが誕生します。


▲世界中からチョコレートが集合。豊富な品揃えを見ているだけでもうれしくなる

「LA TABLETTE de Miss Choco」には、世界の20以上の国から、Bean-to-Bar チョコレートが約90種、150製品集まっています。携わるチョコレート職人は25名。そのほとんどは、この店の共同経営者であるカリーヌ・ギユメットさん、ジャック・デュソーさんが直接会い、チョコレートへの熱い思いを確認し合った人ばかりです。


▲撹拌(かくはん)されるチョコレートから極上の香り


▲コーヒーを煎じて飲むのは新しい体験。人気商品

ブティックに出向くと、各種製品の解説を丁寧にしてもらえ、お客さんの嗜好(しこう)を踏まえて、その人に合ったチョコレートを一緒に探してくれます。その場で出来立てをいただくこともできるホットチョコレートは、ミルクなし、純然たるチョコレートをストレートに味わえる逸品。また、カカオをお茶のように煎じて飲むのも新鮮でおすすめです。


▲新製品の試食会などイベントも多岐にわたる

不定期にイベントも開催します。職人がチョコレート製造過程を解説するアトリエや、ウイスキーとチョコレートのマリアージュを提案するクラスなど、面白い企画が目白押しです。

心をこめて。愛をこめて。そんな思いが似合うあなた好みのチョコレートに、「LA TABLETTE de Miss Choco」でめぐり逢えますように・・・。

〈LA TABLETTE de Miss Choco〉
 838 Avenue du Mont-Royal Est, Montreal
 Tel:514-394-1958

■営業時間:火・水・土曜/午前11時〜午後6時、木・金/午前11時〜午後8時、日曜/午前11時〜午後5時、※月曜お休み

www.latablette.ca

(2015年3月12日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved