【話題の店】

「てつおじさんのチーズケーキ」トロントにオープン!
早くも北米でブームを巻き起こす兆しが・・・


3月18日、独特の軽いふわふわ感としっとり味で人気の「てつおじさんのチーズケーキ=Uncle Tetsu Japanese Cheesecake」の店がトロントダウンタウンにオープンした。当日はチーズケーキを求めるお客の長い行列ができるほど。


▲「てつおじさんのチーズケーキ=Uncle Tetsu」の店頭。3月18日のグランドオープンでは開店時間前から長い列が・・・


▲「てつさん」こと、溝上徹思(みぞかみ・てつし)さん

このチーズケーキの発案者で当店のオーナーである「てつおじさん」こと溝上徹思(みぞかみ・てつし)さんも店頭に立ってお客の対応に大奮闘。マンガチックでほほ笑ましいキャラクター・ロゴマークにそっくりの「てつおじさん」(通称=てつさん)にトロント店オープンのいきさつ、そして今後の北米展開などをうかがった。まずは、てつさんのプロフィールから・・・。

菓子屋の息子に生まれ、幼少から菓子作りを手伝う

てつさんは1948年(昭和23年)福岡県博多に生まれる。1951年に創業した「溝上製菓」の長男として、門前の小僧よろしく幼少のころから菓子作りを手伝っていたそうだ。まさに生まれながらにしてお菓子の世界にどっぷりつかっていた。

地元の西南大学在学中にミニコミ誌「tessy」を発行し、当時福岡市内の予備校がたくさんあった界わい(通称=天神の「親不孝通り」)に若者向けの飲食業「てっしい村」を開業、そこの村長(?)におさまり、人気を得た。

その後、1984年アメリカンスタイルのホームメイドケーキ洋菓子店「HANAJAM」を「親不孝通り」に開店。1990年、てつさんが世界旅行中に感動したオースオトラリア産チーズを使って「HANAJAM」のケーキ製作責任者らと共に開発、誕生したのが「てつおじさんのチーズケーキ」である。

このあと大ブームが起こり、福岡市内はもとより、北は北海道の釧路から南は九州・宮崎まで、全国に45店舗を展開した。

やがて日本国内の出店ブームがすぎたが、代わりに「楽天市場」で通信販売を開始。「てつおじさんのチーズケーキ」の独特のおいしさは全国のファンや福岡市内の手作り工房、次郎丸店やいくつかの出店先で着実にお客をつかんでいる。

さらなる転機は、2011年に台湾の台北に「てつおじさんのチーズケーキ」店がオープンしたこと。これを機に中国本土で各地にブームが広がり、香港、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、カンボジアなど東南アジアを中心に広がっていった。その数は100店舗に迫ろうとしている。そこでいよいよ北米に販路を広げていくことに・・・。


▲焼き上がったチーズケーキにロゴマークを焼き付ける


▲ふわっと軽い中にもとろけるようなしっとり感がある「てつおじさんのチーズケーキ」(1個$8.88)


▲箱やバッグもキャラクター・ロゴがバッチリ決まっている!

━━北米展開の最初の店としてトロントを選んだ理由は?

きっかけは、アメリカで約1700店舗のファミリーレストラン・チェーン店を展開している「パンダエキスプレス」の社長さんが台湾の私の会社に直接いらして、「てつおじさんのチーズケーキ」をアメリカでチェーン展開しないか、というお話をいただいたことから始まりました。

そこで北米市場の視察をあちこちした結果、第1号店をトロントに選んだのです。理由は、ヨーロッパ系、アジア系、アラブ系の人たちなどが住み、実にインターナショナルです。国際色豊かなこの街の人たちに私たちのチーズケーキがどのくらい受けるのか試金石でもあります。というわけで、トロントの店はフランチャイズではなく、直営店です。

それと、カナダは日本からワーキングホリデービザの人たちを受け入れているので雇用の面でもやりやすいです。

━━ケーキの材料に大変こだわりがあるようですが・・・

カナダは幸い乳製品の質は大変すばらしいですし、小麦粉も日本はカナダから輸入しているくらいですから問題はありません。材料はその国の良いものはできるだけ使うようにしています。たとえば、ハチミツは台湾製がとてもいいので他の店でも使っています。


▲卵とバターの香りが懐かしい「マドレーヌ」(1個$2.22)


▲チーズケーキから派生してできた「ラスク」(1カップ$6.66)

━━商品の種類は日本と同じものを販売していくのでしょうか?

開店当初は、看板のチーズケーキ、マドレーヌ、ラスク(チーズケーキから派生してできる菓子)、ラズベリークッキーなどを販売していますが、製造機械や材料が落ち着きましたら、試行錯誤を重ねて徐々に他のケーキも増やしていこうと考えています。

━━今後、どのような展開を計画されていますか?

夏ごろまでにトロントにもう1店、オープンさせたいと考えています。カナダ国内ではバンクーバーも視野に入れています。さらにアメリカはもちろん、現在、サウジアラビアやインドネシア,オーストラリア、ブラジルなどからもオファーがきています。「Uncle Tetsu Japanese Cheesecake」のおいしさを世界に届けたい、と願っています。

■Uncle Tetsu「てつおじさんのチーズケーキ」
 598 Bay St. Toronto(Dundas St. West の北西)
 Tel:647-941-1806
 営業時間:毎日午前11時〜午後11時

www.uncletetsu-ca.com

〈 取材・いろもとのりこ 〉

(2015年3月26日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved