【体験ルポ】

カルガリー日本語ラジオ放送
FM 94.7 JC WAVE に出演しました! 


〈 リポート 奈良由貴子 〉

2014年5月15日から放送を開始したカルガリーの FM 94.7 日本語ラジオ放送「JC WAVE」に出演して日加タイムス「e-nkka」を宣伝するというなんともすごい話が舞い込んできた。日加タイムスのカルガリー・リポーターといえば、私しかいないではないか! 最初は迷ったものの、「何事も経験」と編集長から叱咤(しった)激励されて一大決心、ラジオに出演してしまいました。

なにしろ初めての体験。ラジオ出演のために何を事前に準備したらいいのかな? そうだ、寝起きの声では聴取者の皆様に申し訳ない。ならば、発声練習まがいにと「ある日 森の中♪ ・・・ 」、朝日を浴びながらスタジオに向かう車の中で歌ったのでした。

FM 94.7 は中国系のラジオ局で、中国語以外にもいろいろな言語の放送をしていて、JC WAVE は毎週水曜日(カルガリー時間)午後4時から午後5時まで1時間枠で放送している。

局内の壁には中国美人のポスターや中国字体の漢字が張られていて、香港やアジアの街角の雰囲気満々である。


▲日加タイムス「e-nikka」カルガリーの奈良由貴子リポーター(右)。JC WAVE パーソナリティーの林孝太さんと、収録スタジオにて

局の一角にある収録スタジオは、3人入ればいっぱいになってしまう小部屋で、録音、編集用のパソコンとマイクがある。2面の壁がガラス張りになっているところが、まさにスタジオだ!

では、まず、マイクチェック。声を出してみてと言われ、「あー」。もう少し大きな声で、「あーー」。もっと大きく、「あーーー」。けっこうスタジオでは大声で話さなければいけないので大変である。

放送は生放送ではなく、事前に収録したものを流しているので、録音したものを後で編集出来ると知り、ちょっぴり安心。それでも、放送禁止用語なんかを使わないように気をつけなければと緊張が高まってくる。


▲収録スタジオ


▲JC WAVE パーソナリティーの皆さん。(後列左)藤井勇来(ふじい・ゆうき)さん=愛称・ジャガイモ、(同右)林孝太さん=ゴーファー、(前列左)Kegger(ケッガー)さん、(同右)三好いづみさん

本日の出演者、藤井勇来(ふじい・ゆうき)さん、林孝太さん、三好いづみさんが揃ったところで、「では、始めましょうか」。 「本日のゲストは、日加タイムスの・・・」と、進行の打ち合わせもないままに、突然、収録に突入したのです。

「まず、収録の日が3月29日だったので、e-nikka 3月26日号の内容を取り上げ、バンクーバーの桜満開、ピアノオーケストラなどの話題やハリファックスの男子カーリング世界選手権大会に日本から『SC軽井沢クラブ』チームが出場したことなど、カナダ全国の話題を網羅しているとPRしました。1979年10月に創刊した日加タイムスが2009年からオンライン新聞 e-nikka に変わり、毎週木曜日に更新・メール配信していることも話しました。そして、www.e-nikka.ca のアドレスを紹介して、自動メール配信の読者登録をおすすめしました」


▲JC WAVE のロゴ

JC WAVE は、カナダに長期滞在している30歳から50歳くらいの人たちを対象にしていて、この年代に合わせて選曲された昔懐かしい曲が聞けるのもこの番組の魅力である。

プロデューサー兼パーソナリティーの藤井さんは、「もともとは本業の宣伝のためにラジオに出演するつもりが、気が付いたら番組を任されていたのです。編集も初めてで、まだまだ試行錯誤の連続です。ラジオが大好きな林さんを巻き込んでなんとかここまでこれました」と、この一年を感慨深く振り返る。
本業を別に持ち、スポンサーもなく毎週欠かさず放送する責任は重大である。

そんな責務を楽しみながら分かち合おうと、記念すべき1周年に、力強い2人の助っ人、ドラマーの Kegger さんと紅一点の三好さんがパーソナリティーとして加わることになり、番組の広がりが期待できる。

5月からは、藤井さんと林さんのコンビでオールナイトニッポン風、Kegger さんと三好さんのペアで、充実した音楽にママネタをまじえた話題で、後で自分が聞いてクスッと笑えるような自分が聞きたい番組作りを目指していくという。

更に、ゲストを招いて生活にキラリと光をさすコーナーは今後も続けていく。 過去には、アルバータ・バレエのダンサーやニューヨークでも活躍しているヘア・スタイリストなどが登場している。


▲番組の収録風景のひとこま

「ラジオを聞き逃しても、また、カナダや日本、世界のどこからでも facebook や Yahoo ブログで過去の録音を聞くことができるので、ぜひ、一度聞いてみてください。聴取者の方々からの反響が一番のやりがいです。選曲や取り上げて欲しい話題など、どしどしご意見ご要望をお寄せください」
ラジオにかける情熱で8つの目が輝いていた。

日本大好き、カナダ大好き、ラジオ大好きな人たちのカルガリーに根付いたトークで、カルガリー生活がこれからますますますます充実していきそうだ。

今回の収録は、5月6日(水)放送の予定です。

【番組出演、取材を終えて】
JC WAVE の皆さん、今回はラジオに出演させていただき、そして、最後まで緊張しっぱなしの私をリードしていただきまして、どうもありがとうございました。こたつに入ってみかんでもむいているような皆さんのほんわかとした話、そして時にはあうんの呼吸で飛び交うテンポの良さに聞き入り、途中ですっかり、いち聴取者になってしまいました。皆さん自身が楽しんでいる様子は聴取者の方々にもきっと伝わっていると思います。
末長く番組が続きますことを期待しています。

■ JC WAVE 放送日時:
FM 94.7 毎週水曜日 午後4時〜午後5時(カルガリー時間)

facebook : JC WAVE Calgary
https://www.facebook.com/jcwavecalgary

Yahoo ブログ : JC WAVE
http://blogs.yahoo.co.jp/yls_miyu_fg140409

(2015年4月16日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved