【カナダ観光シリーズ】

イスラム・アートコレクション1,000点以上
北米最大規模、トロントの「アガ・カーン美術館」


トロント日系文化会館(JCCC)の向かい側の広大な敷地に立つモダンな建物。イスラム文化の芸術作品を展示する Aga Khan Museum(アガ・カーン美術館)である。日本人建築家(一級建築士)の槇文彦(まき・ふみひこ)氏が設計したもので、昨年9月にオープンした。イスラム文化の展示物を披露する美術館としては、北米で最大規模ともいわれる。

▲アガ・カーン美術館 ▲イスラム教礼拝堂がある建物




▲大きな天窓


▲幾何学模様のフロア 

▲壁に掛かる装飾デザイン ▲シアターに飾られているモザイクタイル




▲手彫りの壁

美術館の名前は、イスラム教指導者、アガ・カーン四世から取った。彼は1936年生まれのパキスタン人で、祖父の故アガ・カーン三世の後を継いでイスラム教イスマイル派九代教主となった。富豪の家に育ち、米国ハーバード大学で学んだ後、1967年アガ・カーン財団設立、1983年アガ・カーン大学設立、1988年アガ・カーン文化基金設立、2001年中央アジア大学を設立している。

この美術館には、イスラム関連の陶器、絵画、書物、カーペット、装飾品などめったに見られないコレクションが1,000点以上あるといわれ、訪れる人たちの関心の的になっている。

建物は、一階、二階、ベースメントで構成されており、一階には、イスラム文化の数々の作品コレクションの展示会場、教育センター、コンサートなどを開くオーディトリアム、グッズを販売するギフトショップ、レストラン、中庭と中庭カフェなどが設けられている。
二階には、展示会場(折にふれて展示物が変わる)、オーディトリアムなどがある。ベースメントは広い駐車場になっている。


▲アガ・カーン・コレクション




▲オーディトリアム


▲ギフトショップ

なお、美術館の隣には、これまたモダンな建物があり、内部には広いイスラム教礼拝堂などが備わっている。礼拝堂では、靴を脱ぐ。撮影は禁止。

アガ・カーン美術館は月曜休館。火曜から日曜まで毎日午前10時から午後6時までオープン(水曜日は午後8時まで)。
火曜から日曜まで毎日、館内ツアーが行われている。また、毎週水曜日の午前11時、午後3時にギャラリーツアーがある(午後6時30分に行う場合もある)。
6月には庭園を見て回るガーデンツアーが予定されている。
これらのツアーは入館料のほかに、大人$10、学生/シニア$5がチャージされる。

■アガ・カーン美術館入館料
大人$20、シニア/学生(要ID)/こども(3歳−14歳)$15、美術館メンバーは無料
【知っ得インフォ】毎週水曜日の午後4時から8時までの間、誰でも無料で入館できます。

Aga Khan Museum
77 Wynford Drive, Toronto ON M3C 1K1
Tel : 416-646-4677
E-mail : info@agakhanmuseum.org

www.agakhanmuseum.org

〈 リポート・編集部 〉


(2015年5月28日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved