【カナダ観光】
日本人向けノバスコシア観光ツアーはお任せください!!
現地ツアーガイド・ベンガートみかさん


〈 ハリファックス市 宮野智子 〉

京都出身のベンガートみかさん(Mika Bengert)がノバスコシアに住み始めたのが2003年。多趣味なベンガートさんの一番の趣味は、ご主人のToddさん、息子のRomanくんと家族3人揃ってゴールキーパーとしてプレーしているアイスホッケーだ。
息子さんがまだ小さかった頃は、カナダ人のホッケーパパたちに混ざって、ホッケーコーチまでしていたほどである。かつては、夏場にラクロスもプレーしていたが、最近ではガイド業や個人ビジネスが忙しく、ラクロスの時間がなくなってしまった。


▲ベンガートみかさん

ベンガートさんは、バンクーバーに住んでいた頃の2年間のガイド経験を含め、ガイドとしての実績は今年で10年になる。

数年前、ツアー客を乗せるために必要なクラス4の運転免許証を取得し、少人数のツアー用バンはもちろんのこと、最高で24名までのツアーバスまで運転することが出来るようになった。ただし、一般乗用車より大きい場合は、特に街中でガイドしながら停車可能な場所を探すこと、交通量の多い観光スポットで一時駐車させておくことなどは、交通安全の面でも問題があるので、専門の運転手に任せて、ガイドのみ担当するようにしている。

過去10年のガイド経験の中で、一番大変だったのは、日本から取材に訪れたお客様の機材が届かなかったというハプニング。レンタル機材の手配、航空会社への問い合わせはしたものの、短い滞在中に日本からの機材が届かず、使い勝手のいい機材を使えなかったお客様のフラストレーションを緩和することができなかったのがつらかったという。


▲お客様から贈ってもらった「赤毛のアンとマシューの手作りシャドーボックス」

反対に、うれしかったことは、お客様が帰国後、お礼の手紙や記念品などを贈ってくれたことだそうだ。中には「赤毛のアンとマシューの手作りシャドーボックス」を送ってきてくれた方もいる。

身体障がい者のツアーを担当したとき、フェリーの中で、参加していたお客さんが突然泣き始めたというハプニングも体験した。 理由を聞いてみると、「カナダの人たちが、障がい者と隔たりなしにフレンドリーに接してくれること、カナダの大抵の施設が障がい者に優しい造りになっていること、障がい者のための設備が不備の施設では周りの人たちが当然のように手助けの手を差し伸べてくれることなどに感動して泣いてしまった」とのこと。

お客様に心から楽しんでもらい、喜んでもらえたと感じる瞬間が好きで、ベンガートさんは、この仕事がやめられないという。

現在、「PEI Select Tours」(PEIセレクトツアーズ=本社:PEI州シャーロットタウン市)のノバスコシア州担当ツアーガイドとして大活躍のベンガートさんだが、まれにツアーの一部としてニューブランズウィック州まで回ることもあるそうだ。PEI セレクトツアーズ は日本人向けのツアー会社で、ほとんどが日本から来るツアー客を顧客にしているが、ノースアメリカやそのほかの外国に住む日本人も申し込むことが出来る。


▲ルーネンバーグ


▲ペギーズコーブ


▲パブリックガーデン(ハリファックス市)

ベンガートさんのおすすめは、ウェブサイトにも紹介されているテーマ別のグループツアーである。プライベートツアーであれば、更に日程・時間・目的地など、申込者の好きなように指定してツアーを組むことも、好みに合ったツアーを組んでもらうこともできる。

そんなベンガートさんがお勧めするノバスコシアの観光地は、月並みと思われるかもしれないが、世界遺産の街ルーネンバーグ。ルーネンバーグは犯罪件数0(ゼロ)という大変平和な街で、街の人々は観光客にとても優しい。観光客を見かけると、英語が話せる、話せないに関係なく、フレンドリーに話しかけてきて、街にまつわる話から、身の上ばなしまでいろいろな話を聞かせてくれるという。

中心街のパーキングメーターで観光客のものと思われる車に駐車違反チケットが切られてしまっていると、それを見かけた近くのお店のオーナーたちが、チケットを肩代わりして支払ってくれることもあるのだそうだ。美しい街並みを楽しむだけではなく、現地の人とのコミュニケーションも街の大きな魅力だとベンガートさんは語る。

PEIセレクトツアーズでのガイドのほかに、個人事業で「エンデバー・ツアーズ」を経営しているベンガートさん。留学生受け入れ斡旋(あっせん)や、現地工場視察などの特殊ツアーガイドの申し込みは「エンデバー・ツアーズ&ホームステイ・サービス」(ノバスコシア州ダートマス市)として個人的に受け付けている。
ウェブサイト: http://www.endeavour-atlantic.com

小学生から大人までの留学生を受け入れ斡旋しているベンガートさんが、個人的にお気に入りの語学学校は、これまたルーネンバーグの New Voice Language Academy(NVLA=ノバスコシア州ルーネンバーグ)だ。知名度がまだ低く、生徒の数も少ないが、だからこそ一人ひとりに丁寧に教えてくれ、授業以外の部分でも親身に生徒の立場を考えて相談に乗ってくれるところが利点だとのこと。
ウェブサイト:http://nvla.ca

カナダで、不便過ぎない適度な田舎に留学してみたいという親戚・友人のいる方は、ベンガートさんガイドによる、ルーネンバーグ世界遺産観光&NVLA下見コースを特別体験してみてはいかがですか?

・PEI Select Tours
18 Queen St.
c/o Delta Prince Edward
Charlottetown, PE C1A 4A1
Phone : 902-963-4000、FAX : 902-892-6446
Website : http://www.peiselecttours.ca

(2015年7月9日号)



 



 
(c)e-Nikka all rights reserved