SOKプロジェクトでカナダ滞在
東日本大震災被災児10人、貴重な体験積んで帰国



▲瀬戸山久子トロントSOK代表

東日本大震災児童自立支援プロジェクト「Support Our Kids」(SOK)で8月4日以来トロントに滞在していた被災児たちは、約2週間のカナダ生活を無事終えて、8月16日、日本に帰国した。
一行は、東北3県から来た中高生10人と引率の新山ひかりさん。生徒たちは、それぞれホストファミリーの家庭でホームステイをした。滞在中、ナイアガラ滝見物、「水と自然/愛と命の大切さ」を学ぶセミナー参加、日系カナダ人の歴史学習、沖縄祭りイベント「エイサー」鑑賞(トロント日系文化会館JCCCで開催)などを体験した。また、近郊でのサマーキャンプに参加、地元の生徒たちと交流をはかった。

帰国の前日、8月15日には、JCCCで送別会が開かれ、多くの関係者が出席した。トロントSOK実行委員会の瀬戸山久子代表は「このプロジェクトは第3回目ですが、今回は教育的プログラムが多かったようです。ホストファミリーの温かいおもてなしをはじめ、多くのサポーターの皆さまのご協力に感謝します。引き続き来年もよろしくお願いします」と述べた。


▲元気いっぱい、カナダ滞在を楽しんだ生徒たち(8月15日JCCCでの送別会にて)

生徒たちは、一人ひとり日本語と英語でスピーチを行い、「ホストファミリーに親身になって面倒を見てもらったことに感謝」「本当のお母さんのようにしてくれた」「日本にいた時よりも知らない人に積極的に話しかけるようになった」「もっと英語を勉強してカナダに戻って来られるようがんばる」など、さまざまなコメントを語った。中には、「カナダに残っていたい」と涙声で話す生徒もいた。


▲サマーキャンプで親しくなった友達と歓談する山浦玄斗(やまうら・げんと)さん(中央=中2/岩手県大船渡市) 

SOK実行委員会では、このプロジェクトへの参加体験が、生徒たちの将来に大きな成長のもととなり、次世代のリーダーづくり、そしてカナダと日本の懸け橋づくりに貢献することを期待している。

ホストファミリーと別れを惜しむ


▲ホストファミリーの辻政徳・エリザベスさん夫妻と、渡邊朱莉(わたなべ・あかり)さん(中央左)、飯島成美さん(同右)

■渡邊朱莉(わたなべ・あかり)さん(高1/宮城県仙台市)
「日本に帰ってからも感謝の気持ちを忘れずにカナダのことを思い出します」

■飯島成美さん(中3/福島県いわき市)
「海外の人たちに今の福島の様子を伝えたくて来ました。福島は危ないと思っているいる人がまだいますが、これを打ち消すために力を尽くしたい。将来は海外で仕事をしたいと夢を持っています。特にカナダで・・・」


▲川邉(かわべ)ハリー、正子さん夫妻宅にホームステイした小松莉音(こまつ・りん)さん

■小松莉音(こまつ・りん)さん(中3/宮城県気仙沼市)
「カナダに到着して、まず感じたのは空が広いこと。そして滞在中に人々の心も広いと感じました。つねに感謝の気持ちをもって『サンキュー』を言うことが大切だと学びました。英語の能力を伸ばすため、カナダに戻ってきます」


▲ホストファミリーのマリアン&ダグ国広さんと子供たちに囲まれて・・・山内遥香さん(左から2人目)  

■山内遥香(やまうち・はるか)さん(中3/宮城県石巻市)
「カナダに来てあらためて人と人とのつながりの大切さを知りました。言葉はうまく話せなくても、ジェスチャーを使ってコミュニケーションができたのは大きな収穫でした」

(2015年8月20日号)


 



 
(c)e-Nikka all rights reserved