【書評】

アルバータ南部に移住した日本人家族の物語
「コーラス・オブ・マッシュルーム」(Chorus of Mushrooms)
ヒロミ・ゴトー著、増谷松樹訳(彩流社)


〈BC州ビクトリア市 サンダース宮松敬子〉

マジック・リアリズム技法
 今年、日本の彩流社から出版された日系カナダ人二世のヒロミ・ゴトー著、増谷松樹訳「コーラス・オブ・マッシュルーム」が話題となっている。数ある小説の中には、多くの登場人物が幾重にも入り組むものも少なくない。だが「コーラス・オブ・マッシュルーム」は、何人かの限られた人物によって話が進められていく。


▲ヒロミ・ゴトー氏

 物語を織り成す主な人々は、年配になってから娘夫婦と共に日本からアルバータ州のナントンという小さな田舎町に移住して20年になる85歳のナオエ(清川直恵)、娘夫婦のケイコと夫シンジ、その夫婦の娘であるムラサキ(英語名=ミュリエル)と彼女のボーイフレンドである。もちろんそこには彼らに絡(から)む友人や知人たち、経営するマシュルーム工場で働く人々、町中の人々も重なりあう。

 だが、これは単なる日本人の移住物語ではないため、筋書きを確実に理解するにはしっかりと読み込む必要がある。何故なら、文章がいわゆる「マジック・リアリズム」の手法を用いて書かれているからだ。ちょうど村上春樹の短編集、例えば「かえるくん、東京を救う」「神の子どもたちはみな踊る」などを彷彿(ほうふつ)させる。

 つまり、日常にあるものが日常にないものと融合した表現技法が屈指されているのである。また登場人物が一つ以上の名前を持っていたりするため、作品構成ばかりではなく、内容が非常に謎(なぞ)に満ちている。平易に物語を理解しようとする読者は完全に拒絶されるが、反面、それゆえに次に何が起こるか興味が湧くのである。


▲「コーラス・オブ・マッシュルーム」の表紙

 原文の英語本「Chorus of Mushrooms」では、ローマ字で長々と書かれている日本語(その個所の英語の説明はない)がそこここ引用されている。日系作家は日本語の単語や短文を文中に使うことに特徴があるが、本書では長文が多数出現し、それを訳者はカタカナで表現している。
 加えて、手書きの文字、新聞記事、葉書(はがき)までもが挿入されており、言語の表現が実に幅広いことに驚く。
 それを日本語訳者(増谷松樹氏)は異なるフォント、太字、イタリック体、カタカナなどを用いて読者が理解しやすいように組んでいる。おかげで物語を追い易いが、翻訳者にとっては、さぞやチャレンジングな仕事であったろうことは容易に想像がつく。

「オバアチャン」ことナオエ
 物語は本書の一番の主人公である「オバアチャン」ことナオエが、娘夫婦と共にカナダにやって来た成り行きから始まる。彼女にとっては決して意にそった移住ではなかった上に、娘夫婦はカナダに同化するために家庭内でも日本語を話すことを拒否し、英語のみの生活を選択する。

 老いてなすすべもない年齢で、こんな環境にいることを余儀なくされれば、普通は口を閉ざしてしまうだろう。しかしナオエはしゃべることを選択し、周囲にはお構いなしに断固として沈黙を拒否し続ける。それゆえに物語は次々と展開して行くのだ。

 自分の生い立ち、少女時代の養蚕場での仕事、戦争中の結婚と離婚・・・などなど、とめどない。興味深いのは、そこに日本の昔話なども挿入される。だがその筋書きと結末は、従来の「おとぎ話」とは大きく変化し伝統的な枠組みから逸脱する。

 例えば一寸法師の話では、大人のサイズになった一寸法師が姫と共に「末永く幸せに暮らしたとさ」にはならず、傲慢(ごうまん)になったことに立腹した姫によって元のサイズに戻され、おまけに踵(かかと)で踏みつぶされる。また姨捨山(うばすてやま)の民話でも、命を絶つために山に送られたはずの老婆が逆に自由を満喫したりするのである。
 そこにはナオエを通して作家自身が類型的な形にはまることに抵抗し、おざなりの終結に果敢に挑もうとする力が感じられる。

ナオエの孫娘ムラサキ
 一方、孫娘ムラサキからは、ナオエのおしゃべりに並行して自分探しの物語が語られる。当然ながら彼女には閉鎖的な田舎町の白人社会で唯一の日系人として育つ苦悩がある。しかし日本語を話すことはおろか、日本の食料品を買うことも拒否したような頑(かたくな)な母親とは心通うつながりは得られず「ママの声は空っぽのバケツの中で転がる孤独な小さいマッシュルームのようだった」と感じながら成長していく。


▲アルバータ州ナントンの一風景 

 皮肉なことに日本語は話さないものの、その心の空洞を埋めたのは言葉の通じないオバアチャンとの交流であった。それによって否定することの出来ない自分の中の日本人としてのルーツに目覚めていくのである。

ナオエの娘ケイコ
 物語のハイライトは、ナオエが自分の物語を語り終えた時点で、若く力強いヒロインに変身し、家出をしてしまうことだ。それはあたかも、ナオエとムラサキの象徴的な一体化を示しているように見える。だがこの事件に娘のケイコは打ちのめされ精神衰弱になるが、面白いことに回復の癒やしは、ムラサキの作る日本料理のトンカツ・ディナーだったのだ。

 家族という形を保ちながらも、お互いに理解することが出来なかった過去。だが和解することによって、ナオエとケイコ、ケイコとムラサキ、加えて父親シンジとムラサキなどそれぞれの関係にある種の光明が見えて来るかに見える。

 おそらく読者は物語のベースは、ゴトー氏の家族と思うだろうが、ゴトー氏自身は本書の冒頭で「この個人的な神話を語り直すにあたって、祖母の実際の人生について自由に変更を加えました。この小説は、過去にあった『事実』から出発して、現代の民話伝説の領域に到達することを目指しました。ですからこの作品は創作と考えてください」と前置きしている。

 物語の中で何度も示唆しているのは、「読み手は語り手」であるという視点。つまり物語は聞くだけでなく、語りなおしてこそ意味があるとし、「あなたは物語を変えることができる」と記して本書は終わる。
 読者はそれぞれの立場からいかようにも物語を読み、それを自分の中で膨らませることが出来るということだろう。

日系カナダ人作家の活躍
 私はゴトー氏の処女作であるこの作品(1994年)以外は読んでいないものの、一時期多かった戦時下に強制収容所に送られた日系人の苦難の物語や、その過去と向き合う補償問題をテーマにした読み物とはまったく違った、カナダ生まれの、あるいはカナダ育ちの日系作家が台頭していることを感じる。

 しかし、どうあがいても日本人の血を受け継いでいるという点から逃れられないのであれば、マジック・リアリストと呼ばれる彼らが、その特有なバックグラウンドゆえに生み出す新たな道がこれからも大いに拓(ひら)けることを期待したい。

*****************************

「コーラス・オブ・マッシュルーム」(Chorus of Mushrooms)
ヒロミ・ゴトー著、増谷松樹訳(彩流社)
¥2,800 + 税

*****************************

■ヒロミ・ゴトー
 1966年千葉県生まれ。3歳になる直前に家族と共にカナダに移住。カルガリー大学英文科卒。バンクーバー在住。1994年カナダで生きる日系人家族を描いた本作「コーラス・オブ・マッシュルーム」によって作家デビューし、コモンウェルス処女作賞および日加文学賞を受賞。第2作「The Kappa Child」(2001)でジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞、ヤングアダルト小説「Half World」では、サンバースト賞、カール・ブランドン・ソサエティ・パラレックス賞をそれぞれ受賞している。ほかにも児童向け作品、短編集、詩集などの刊行物多数。現在は創作インストラクター、ワークショップなどでも活躍。作品は若い世代に人気があり、仏語、伊語、ヘブライ語、トルコ語などに翻訳されている。

■訳者 増谷松樹
 翻訳家。1946年横浜生まれ。慶應義塾大学仏文科卒。1976年カナダに移住。詩人の故ロイ・キヨオカ氏を通じて多くの日系カナダ人作家、アーティストと交流する。キヨオカ氏の「カナダに渡った侍の娘―ある日系一世の回想」(2002)(草思社)をはじめ、日系カナダ人の和文文献、「日系人所有漁船処分顛末覚書」(木村岸三著)などの英訳などの仕事も手がけている。

(2015年12月17日号)




>>過去のトピックスはアーカイブをご覧ください。ここをクリック



スティーブストン仏教会で盆踊り大会
盆踊り・日本食・ゲーム、日本の夏祭り気分味わう



今年もBC州リッチモンド市スティーブストン仏教会の盆踊り大会が7月16日(土)、同教会敷地内で盛大に行われた。
>>続きを読む
   
ハンバーリバー河畔で食事・ゲームを楽しむ
千葉県人会・宮崎県人会合同ピクニック



恒例のトロント千葉県人会と宮崎県人会の合同ピクニックは7月17日(日)、ハンバーリバー河畔で開かれ、参加者たちはピクニック日和の好天のもと、親睦のひとときを楽しんだ。
>>続きを読む
   
【写真リポート】愛知県刈谷市との姉妹都市提携35周年記念
第1回「ジャパン・フェスティバル・ミシサウガ」盛大に開催



ミシサウガと刈谷市(愛知県)の姉妹都市提携35周年を記念して企画された第1回「ジャパン・フェスティバル・ミシサウガ」は、晴天に恵まれた7月10日(日)正午(12時)からミシサウガ市のセレブレーションスクエア(市庁舎前広場)で開催され、大勢の人々でにぎわった。
>>続きを読む
   
【インタビュー】再びメインステージを沸かせたパワーハウスバンド
ノース・パンデミック・グルーブ



参加アーティスト数が1,500人を超える超大型の音楽の祭典「トロント・ジャズ・フェスティバル」が終盤を迎えた7月2日、市庁舎前広場のメインステージで開催された「ユース・ジャズ・ショーケース」には今年も米国、日本、カナダから次世代を担う精鋭たちが招かれ、あふれんばかりの才能を披露した。
>>続きを読む
   
姉妹都市25周年、交流さらに深める
相模原から一行32名がトロント訪問



神奈川県相模原市とトロント市は、姉妹都市提携25周年を迎えているが、7月3日から6日まで、相模原市から古賀浩史(こが・ひろし)副市長、阿部善博(あべ・よしひろ)市議会議長ら7名、相模原商工会議所の杉岡芳樹(すぎおか・よしき)会頭ら一行25名、計32名がトロントを訪問した。
>>続きを読む
   
BC州内の日系歴史的重要サイト発掘プロジェクト
州政府が決議、バンクーバー日本語学校で発表



BC州政府はBC州内の日系歴史的重要サイトを発掘するプロジェクトを決議し、7月7日(木)、ヤマモト・ナオミ大臣を代表としたBC 州議会関係者らがバンクーバー日本語学校並びに日系人会館を訪れ、同プロジェクトの発表を行った。
>>続きを読む
   
バンクーバー日本語学校並びに日系人会館主催
親子3代が体験した伝統の七夕祭り



今年もバンクーバー日本語学校並びに日系人会館主催の七夕(たなばた)祭りが、7月7日(木)、同会館ホールで開催された。約100名が参加した。
>>続きを読む
   
大勢の人でにぎわった
JCCC「夏祭り&盆踊り」



7月9日(土)午後、トロント日系文化会館(JCCC)で第14回「夏祭り&盆踊り」が開催された。
>>続きを読む
   
日本政府春の叙勲で「旭日小綬章」
楊暁捷カルガリー大学教授、喜びの受章



平成28年(2016年)日本政府春の外国人叙勲の伝達式が7月6日、カルガリーの日本国総領事公邸で行われ、日本に対し顕著な功績を挙げた人物に贈られる旭日小綬章が、田辺邦彦総領事からカルガリー大学の楊暁捷(ヤン・ショオジェ)教授に伝達された。
>>続きを読む
   
東日本大震災被災子供たちをカナダに招く
Support Our Kids in Toronto(SOK) 
第5回基金集めチャリティーディナー開催



未曾有の東日本大震災から今年は5年がたった。トロントの Support Our Kids in Toronto(SOK=瀬戸山久子〈チャコ〉代表)は、この震災で心に大きな傷を負った岩手・宮城・福島の東北3県の子供たちを10年間サポートし続けることを目指して、今年も被災児童をトロントに招く。
>>続きを読む
   
第67回トロント日本語学校修卒業式
多くの来賓を迎え盛大に行われました



トロント日本語学校で、6月18日(土)、第67回修卒業式が行われました。今年度は児童99名、学生35名、成人136名 児童クラス卒業生2名という多数の生徒たちの修卒業式となりました。
>>続きを読む
   
田辺邦彦カルガリー総領事着任レセプション
管轄地域訪問・日加友好・日系人との交流に意欲語る



田辺邦彦(たなべ・くにひこ)在カルガリー総領事の着任レセプションが、6月23日、総領事公邸で催され、アルバータ州レスブリッジ市長をはじめ、カナダの経済界、日系邦人、教育関係者など約150名が出席した。
>>続きを読む
   
「D Way Food & Beverage Show」
リッチモンド市のレストランで盛大に開催



D Way Foods Inc. 主催の第4回「D Way Food & Beverage Show」が6月20日、BC州リッチモンド市の コンチネンタル・シーフード・レストラン店内で開催された。
>>続きを読む
   
岡井朝子バンクーバー総領事主催レセプション
BC州政府・市会議員・領事団・カナダ経済関係者ら招く



6月29日、在バンクーバー日本国総領事公邸において、ブリティッシュコロンビア(BC)州政府関係者、市会議員、当地の領事団、カナダ人経済界などカナダ側を対象としたレセプションが岡井朝子総領事主催で開催された。
>>続きを読む
   
「ノスタルジア・ナイト2016」
7月24日(日)3pm〜8pm JCCC



毎年恒例のトロント日系文化会館(JCCC)「ノスタルジア・ナイト」は、7月24日(日)午後3時から8時までJCCCで開催される。
>>続きを読む
   
日系センター 「祭りスター・タレントサーチ」
オーディション7月10日・17日・24日
「日系祭り」開催は9月3日(土)−4日(日)



バンクーバーの日系センターでは、この夏を盛り上げる一大イベントである日系祭りのプログラムとして、タレントショーを開催する。
>>続きを読む
   
バンクーバー「第40回パウエル祭」
7月30日(土)−31日(日)オッペンハイマー公園などで開催

   
モントリオール日文化会館
「祭りジャポン」8月13日(土)開催

   
 

 




ビジネスガイド
・旅行 Travel Agent   
レストラン Restaurant    
食品 Food
食品・日本送り贈答品 Canadian Food Gift to Japan
新聞雑誌購読 Newspaper/Magazine

・資産運用
不動産 Real Estate
ホーム・インスペクション Home Inspection
・家の改装修理
日本国内の不動産 Real Estate in Japan  
引っ越し・運送 Mover/Transport
・留学センター 
歯科医  
・デンチャー・クリニック(歯科技工士)
・健康・ヒーリングセンター
・針灸・漢方 Acupuncture
美容室 Beauty Salon

ゴルフ Golf
自動車 Car Dealer
宗教 Religion  
弁護士 Lawyer
・移民 Immigration
翻訳・通訳 Translation/Interpreter

日加タイムス e-nikka
連絡先・広告問い合わせ先


■電話: 416-923-2819
■Eメール: info@nikkatimes.ca
■ウェブサイト:www.e-nikka.ca




<相続法専門弁護士>
www.dermody.ca

相続法専門弁護士

遺言状・委任状
遺産相続の手続き
その他

ダーモディ
法律事務所
オンタリオ州
弁護士・公証人
スミス希美(のぞみ)



<資産運用>
www.rbcds.com/
chris.kwok


RBCウェルス・
マネジメント
資産運用グループ

1901年創業
長年の信頼と安心
カナダ最大

無料
eニュースレター
登録はこちら


604-257-7291

<自動車>

Weins Canada Inc.
トロントを中心に7店舗を展開する自動車ディーラーグループ
2012年Don Valley North Automotive Inc.から社名変更


<不動産>
sakuratorizuka.kwrealty.com

鳥塚さくら

家の売買
住宅・商業
不動産のことなら
何でもご相談を。
14年間の経験で
お手伝いします。
日本語でどうぞ

416-697-9966


<ゴルフ>
www.fujiigolf.com
フジイゴルフ

FOURTEEN
今田竜二選手愛用
の高級クラブ
20% OFF
セール実施中です


人気の
日本製クラブが
勢ぞろい!
どうぞ
ご来店ください
905-940-4653

<引っ越し・運送>

www.yamatoamerica.com
「クロネコヤマトの宅急便」でおなじ み、
米国ヤマト運輸
トロント支店

Tel:905-677-2022

<日本送り・宅配>


1-866-880-5527
www.seaborn.ca
シーボーン

夏の贈り物・
帰省お土産に!

◎たたき風
 スモークツナ
◎キングスモーク
 サーモン
◎オーガニック・
 ワイン 他

詳細は
【ここをクリック】





www.cheena.com

チーナ

夏のギフト

・紅鮭切り身の
 詰め合わせ
・スモーク
サーモン
 スライスパック
・天然湧水ビール
・スイートボックス

詳細は
【ここをクリック】




Seaborn Toronto
3276 Midland Ave.
Sky City, Unit C-109
416-784-1266

シーボーン
トロント代理店

新入荷!
数の子昆布

お土産品
スモークサーモン
メープルシロップ
冷凍魚貝類
日本の食料品
※日本向けギフト
宅配も承ります

<懐石遊膳橋本>


www.kaiseki.ca


夏の献立

「美味しく」
「楽しく」
日本の味、香り、
かたちを堪能して
頂ければ幸いです

ご予約は
905-670-5559
416-444-7100
ここをクリック

<波レストラン>


www.namirestaurant.ca
サマーリシャス
7月8日(金)〜
24日(日)まで
ランチ$ 23
(3コース)
ディナー$38
(3コース)
※ご予約受付中

日本料理
シーフード全般
ろばた焼き
「波レストラン」


416-362-7373

<J-TOWN>


詳細は、 www.jtown.ca
をクリック
日本のものなら
何でも揃う!
日本食品・魚・肉
レストラン街
コスメティック
本・DVD
ヘアサロン
ゴルフ用品
ブティック
キッチン用品

<食品>

www.oceanfood.ca

オーシャンフード
旬の野菜と
かまぼこのコラボ
魚・昆布の本来の
美味しさ、旨みが
味わえる
オーシャンフード
の新しいかまぼこ
ご賞味ください。


新鮮な野菜・魚・肉
毎日が特売です
P.A.T.
スーパーマーケット

好評!!
豚しゃぶしゃぶ肉
柿、なし、栗も
特価販売中です

その他年末商品
取り揃えています


魚貝類 卸売り
新鮮な魚貝類
日本から毎週入荷
Angel Seafoods



<移民コンサルタント>

カナダ移民
各種ビザ相談
ビジネスコンサルテーション
■タクナーコンサルティング
市村 隆(いちむら・たかし)



<デンチャー・クリニック >


ENDOW DENTAL
ART STUDIO
入れ歯のえんどう
経験豊富な
歯科技工士
インプラント
及び入れ歯に
問題のあるあなた
無料相談をいたし
ます。要予約
第一&第四土曜日
に限る
クラウン・ブリッジ
インプラントも
ご相談にのります

<旅行>

www.showflex.com

ShowFlex
個人旅行・グループ
日本語による
安心丁寧サービス
車両・ホテル
レストラン手配
各種ツアーの手配
うけたまわります
リムジンサービス
現地視察・送迎

<旅行 >

近畿日本
ツーリスト(株)
カナダ法人

お任せください!
楽しい「旅」の
お手伝い
旅のご相談なら
KINTETSU へ!


<留学センター>


アクセスカナダ
留学センター
********
各種学校手配
カウンセリング
ホームステイ手配
現地医療保険
お得で安心
信頼のサービス
お気軽に
お問い合せ下さい


<書籍・日本送り贈答品>


ここをクリック

OCS

みんなの街の本屋
J-Town 内に
日本語書店
オープン
しました!

OCS
Japanese
Bookstore



<宗教>
仏法を基調に
平和・文化・教育
「カナダ創価学会
インタナショナル」

<新聞・雑誌>

「Coco Montreal」
モントリオール発信
カナダ&日本文化交流マガジン
日本語、英語、仏語
毎月1日発行
オンラインでも読めます
www.cocomontreal.com

月刊「ふれいざー」
バンクーバーを拠点に
カナダ生活に有益な
情報を日本語でお送りしています。
www.thefraser.com

■e-nikkaメールニュース自動配信登録・解除

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


■e-nikkaの記事を検索

e-nikka.ca を検索
WWW を検索


カナダドルと日本円、米ドルの
本日現在の換算レートです!
お取り扱い:KVB 社
www.kvbkunlun.com/jp/



■「クラシファイド」では、「貸部屋」「貸家」「求人」「生徒募集」「教えます」「ビジネス案内」などをうけたまわります。掲載料は1週間につき$10です(お支払いは VISA のみ受け付け)。なお、「部屋求む」「求職」「サークル活動のメンバー募集」「イベントのお知らせ」「ガレージセール」などは掲載無料です。
お申し込みはEメールで編集部までどうぞ。
info@nikkatimes.ca
  【求人】  
  ウエートレス/キッチンヘルパー募集
ナイアガラ「雪国」レストラン
 
   
  【図書館ボランティア募集】  
  JCCCライブラリー
ボランティアを募集しています
 
   
 
【CNE】
夏の終わりを告げるイベント「CNE」
8月19日(金)〜9月5日(月)
【ハーバーフロント】
ホット&スパイシーフード祭り
8月19日(金)〜21日(日)
【大道芸】
ポートクレジット「バスカー祭」
8月19日(金)・20日(土)・21日(日)
【アフリカに親しむ】
アフリカ祭り
8月12日〜14日、ハーバーフロント
【南アジアのお祭り】
南アジア・ヘリテージ祭「MOSAIC」
8月12日(金)&13日(土)ミシサウガ
【巨大スクリーン】
サイエンスセンター IMAX 映画館
米国立公園「America Wild」上映
【サクランボ】
トロント近辺、ナイアガラ地域
チェリーピッキングの農園ご案内
【テニス】
「ロジャースカップ」7月22日〜31 日
トロントとモントリオールで開催
【ピカソ】
バンクーバー美術館で「ピカソ展」
6月11日〜10月2日まで
【サマーリシャス】
通常より低価格で食事が楽しめる!
トロントのレストラン220軒
7月8日(金)〜24日(日)
【カーニバル】
「カリバナ・トロント」7月28日〜7月31日
7月30日(土)北米最大のカリバナ・パレード
【Beer Festival】
トロント・ビール祭り
7月22日〜24日CNEパーク野外音楽場
【パリーサウンド】
音楽の祭典「Festival Sound 」
7月15日〜8月7日パリーサウンド
【ビーチジャズ祭】
ビーチジャズ・フェスティバル
「ストリートフェスト」7月21日(木)〜23日(土)
【ハーバーフロント】
ウオーターフロントで「タンゴナイト」
6月23日〜9月1日まで木曜日、入場無料
【浮世絵と日本美術】
浮世絵に見る江戸時代の若衆
ROMで「第三のジェンダー」特別展
11月27日まで開催中
【クラシック】
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
11月ロイトムソンホールでコンサート
【TATTOOS】
「タトゥー展」
ROMで開催中
9月5日(レイバーデー)まで
 
(c)e-Nikka all rights reserved