【今から始める資産運用】

定期預金では資産を守れない時代
資産運用を今始めるべき理由を理解する


〈解説・RBCウェルス・マネジメント資産運用グループ〉

 読者の皆様、新年明けましておめでとうございます。
昨年より始めた e-nikka における記事掲載ですが、読者の皆様に少しでも気付きや役立てていただけることがあるのであれば大変幸甚です。本年もどうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。

 さて、この記事を読んでいただいている方の中には、定期預金だけで年間3〜4%の利子が付いた時代を懐かしく思う方もいらっしゃるでしょうか。2009年以前は、カナダの定期預金に資産を預けるだけで現在では考えられないような利子がつきました。
 しかし、2009年から現在に至るまでの間は、世界的な不景気が続いたため、カナダ並びに世界主要国の金利水準は軒並み過去最低水準にまで下がり、個人の預金金利にも大きな影響を与えました。現在では、高金利定期預金でも年間約1%前後の金利が付くのみです。



 国は政策金利を低く抑えることで、企業の借入金利を低下させて経済を活発化させることを目的としています。個人の方にとっても、住宅ローン金利などが下がり、大きな買い物がしやすくなるといったメリットがあります。しかしながら、個人の方が知らぬ間に負わされている「リスク」もありますので注意が必要です。

 ここで言うリスクとは、低金利時代における「インフレリスク」です。インフレとは物価が上昇している状態を言いますが、同時に貨幣価値の下落をもたらします。物価が上昇することで、同じ物に対してより多くのお金を支払わなければならないため、お金そのものの価値が以前よりも下がることになります。実際にカナダのインフレ率を見てみると、過去10年平均が約2%と先進国の中では比較的高くなっています。さらにそのインフレ率の内訳を見てみると、下表の通り特に必需品の価格高騰が目立っています。



 インフレ率平均2%ということは、10年前に例えば$100で購入できたものが、10年後の現在は約$122に値上がりしているということで、物価は10年間で約22%も上昇していることになります。そして、前述の通りインフレ率上昇は貨幣価値の下落をもたらしますので、資産をタンス預金で全く成長させていないと仮定した場合、資産価値は毎年2%ずつ下落していきます。この2%下落は累積(るいせき)していきますので、以下表の通り、年々資産価値の下落は大きくなっていきます。



 デフレ(物価が下落する状態)の時代であれば、逆に放っておいても資産価値が上がることになりますが、現在のようなインフレの時代では、何もしなければ私たちの資産価値はどんどん下がってしまいます。このインフレリスクを理解されると、タンス預金やほとんど利子が付かない銀行預金は必ずしも安全な資産保全方法ではないことをお分かりいただけるかと思います。

 日本においても景気底上げのためのデフレ脱却、インフレ率2%目標などと謳(うた)われていますが、至るところは個人資産価値の減少です。現在のところ経済回復によるインフレ2%達成は困難な様相を呈していますが、多くを輸入品に頼る日本では、今後更に円安に傾くことで物価は徐々に上昇することが考えられます。日本に資産のある方は、このタイミングに資産の防御策を考えるべきなのです。

 では、定期預金以外のどのような方法で資産価値を守っていけば良いかは個々人により異なります。一般的には、日本の方は他国の方と比較して投資に対して消極的で、現金預金を好まれる傾向があるといわれています。しかし一方で投資となると、ギャンブル性の強いFXや非常にリスクの高い株式・債券を選択するなど、両極端な面があります。本来は、投資のリスクレベルは一つではありませんので、一人ひとりの資産状況や人生設計に合わせて調整されることが重要です。

 カナダでは幸い資産運用に関して気軽に相談できる窓口がありますので、ぜひ専門家の意見を参考にされて、ご自身の資産価値を守るための一歩を踏み出していただければと思います。

○    ○    ○

RBCウェルス・マネジメント資産運用グループ

1901年創業、北米、欧州、東京を含むアジアに拠点を持つカナダNo.1、世界No.5の資産運用会社。日本語グループがあり、日本語のでのトータルサポートを行う。個人・法人を対象に、資産運用、相続、信託、保険、為替など顧客のニーズに合わせたソリューションを提供。金融業界以外でも幅広いネットワークを持ち、弁護士・行政書士・公証人・会計士・移民コンサルタント・住宅ローンや不動産業者などの紹介や連携業務も行う。

お問い合わせは サンチェス 祥子 まで
※最低金額:25万カナダドル
※オンタリオ・アルバータよりのお問い合わせも
 歓迎いたします。

TEL :604-257-7291
Email: shoko.sanchez@rbc.com
20階−745 Thurlow Street
Vancouver, BC V6E 0C5


(2016年1月7日号)



 
 


 
 
(c)e-Nikka all rights reserved