家を売る前にする家の準備、8つのヒント
自分でできるアイデアをご紹介します


〈 解説・服部江理子 〉

 家の値段は、ロケーション(場所)、マーケット(市場)、そして家のコンディション(状態)が大きく関与します。ロケーション、マーケットは自分で変えることができませんが、家のコンディションは自分でできることなので、家を売ると決めたら、最高値で売れるために、家を最高の状態にしたいものです。そこで今回は、時間やお金を余りかけずに、自分でできる、家のステージングのいくつかのアイデアをご案内します。

・片づけて物や家具を減らす
 これは、まず第一番にすることです。何年も住んでいると、知らない間に必要でないものが増えてきます。物が多くなれば家も狭く見えます。「これで住んでるの?」とバイヤーが思うくらい物が少なくて、見た目ちょうどいいくらいです。もし、家具など移動する場所がないけれど、キープしたい場合、短期でストレージを借りることをお勧めします。




・照明器具を変えたり鏡を使う
 照明を変更することで部屋の雰囲気がぐっと変わります。高額でなくても、モダンなシャンデリアをダイニングルームに設置するだけでも、ずいぶん変わります。また、大きな鏡を適所に置くことで、部屋を大きく見せる効果もあります。

・パーソナル(個人的)なものを減らす
 家族の写真も家の雰囲気をかもし出し、いいのですが、その数が多くなると、家に見学に来たバイヤーが人の家にいる感覚を振り払えなくて、本人がその家に住むイメージがわきにくくなります。ですので、家族写真は極力減らしましょう。例外としては、子供部屋、特に赤ちゃんのお部屋は、写真や、絵がたくさんあっても温かみがあっていいです。

・ナチュラルな中間色でペンキを塗る
 ペンキを塗りなおすことは、コストの割にインパクトが大きく、お勧めですが、その場合、あまり派手でなく、無難な色で壁を塗りなおしましょう。中間色の壁ですと、置物や花などの色が映えて、きれいに見えます。




・キッチンとバスルームの準備
 キッチンやバスルームなどの水回りは、念入りに掃除をしましょう。特に、バスタブやカウンターの周りのコーキングをやり直したり、バスルームの鏡を変えたり、キッチンのドアノブを変えるだけでもすっきりと、改装したかのように見えます。また、キッチンのカウンタートップには、出来るだけ何も置かないようにしましょう。かごに入れたレモンなどはアクセントとしていいでしょう。

・リネンを新しくする
 ベッドルームのシーツ、バスルームのタオル、シャワーカーテンなど新しくしましょう。そろいのベッドカバー、シーツ、枕カバーや、バスルームのタオルも高級感のあるタオルを掛けるだけで、その場に高級感が漂います。



・家の外回りもきれいに
 よく「カーブアピールが大切」といいますが、家を見学に来るバイヤーは、家に入る前の概観で、すでに家に対する第一印象を抱きます。すっきりと掃除をし、花を植えたり、木を伐採したり、玄関の横に季節の花を飾ったりするのもいいです。

・家の香りに気をつけましょう。
 エアーフレッシュナーや、いいにおいのキャンドル、エッセンシャルオイルなどで、家にいい香りをかもし出しましょう。初めて入る家のにおいはけっこう気になるものです。バイヤーにとって、暖かい、いい香りがする家だと、良い印象も残りやすいです。

○    ○    ○

今回の記事の内容について、もっと詳しい情報をご希望の方、そのほか、家の購入、売却に関するご質問は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

服部江理子(はっとり・えりこ)
Sales Representative
Royal LePage Signature Realty
Tel : 416-371-0224
E-mail : eriko@royallepage.ca
Website : www.erikohattori.ca


(2016年2月18日号)

 
 


 
 
(c)e-Nikka all rights reserved