デビッド・ウオーターハウス・トロント大学名誉教授
中山泰則総領事から「総領事表彰」授与される


 トロント大学名誉教授、デビッド・ウオーターハウス氏(Prof. David Waterhouse)は、中山泰則トロント総領事から総領事表彰されることが決まり、5月13日(金)、オークビルの同氏宅で、中山総領事から表彰状が授与された。通常、表彰式は総領事公邸で行われるが、ウオーターハウス氏の健康上の理由から、同氏の自宅で行われたものである。


▲中山泰則トロント総領事(左)から総領事表彰を授与されたデビッド・ウオーターハウス・トロント大学名誉教授(中央)と夫人の松原直子さん

 ウオーターハウス氏はトロント大学東アジア研究学部で長年にわたり教授を務め、現在は名誉教授。アジアの音楽や絵画、文学を専門とするほか、楽器演奏でもその才能を発揮している。夫人は、木版画家として国際的にその名が知られる松原直子さん。


▲中山総領事(右)に多数の自著の書物を見ていただく


▲授与式に出席した皆さん

 ウオーターハウス氏は、仏教、浮世絵、琴など日本の伝統文化・芸術などにも造詣が深い。著書多数。また、柔道などを得意とする。
 ROM(ロイヤルオンタリオ博物館)とも、つねに協力態勢を続け、特にROMの日本関連イベント開催に大いに貢献している。  このように、日本とカナダの文化交流に尽力し、両国の相互理解および友好親善に寄与したことが今回の総領事表彰となったものである。

〈情報と写真提供=在トロント日本国総領事館〉

(2016年5月19日号)


 



 
(c)e-Nikka all rights reserved